あなたのその一瞬が狙われています「ひったくりから身を守ろう!」

ページ番号1001417  更新日 令和元年8月9日

ひったくりとは

ひったくりとは、徒歩や自転車で通行している人を狙って、犯人が後方から追い越しざまに、前方からすれ違いざまにバッグなどを奪う犯罪です。

犯人の多くが、顔を見られるのを恐れるためヘルメットやマスクを着用し、すぐ逃走できるようにバイクや自転車などに乗車して犯行に及びます。

犯人に狙われるような一瞬の隙をつくらず、一人ひとりが被害に遭わないための対策をとるように心がけましょう。

被害に遭わないための対策

  • バッグは、車道側の反対側の手に持つ。
    犯人は、バイクや自転車に乗って犯行に及ぶことが多いため、自分が通行する側(車道側)にバッグを持つ人を狙っています。バッグは、犯人が乗るバイクや自転車が通れない車道側の反対側の手に持つように意識しましょう。
    また、肩に掛けられるタイプのバッグであれば、たすきがけのようにして肩に掛けて持つことも、ひったくり被害に遭わないためには効果的です。
  • 時々後ろを振り返り、警戒を怠らない。
    イヤフォンや携帯電話を使用しながら通行していると、前方や後方から犯人が近づいてきていることに気づくのが遅くなります。また、犯人から見ても、そのような警戒をしていない人のほうが狙いやすいものです。
    徒歩や自転車で通行する際は、イヤフォンや携帯電話など、聴覚や視覚を遮るものの使用を絶対にせず、「自分がひったくり犯に狙われるかもしれない」という意識を持ちながら時々後ろを振り返るなどして、常に警戒するようにしましょう。
  • 自転車に乗るときは、かごに入れたバッグの上に障害物を置く。
    バッグを車道側に持つときだけでなく、自転車のかごに無防備にバッグを入れているときも注意が必要です。
    犯人が、かごからバッグを持ち出せないように防犯ネットを取りつけたり、かごの中のバッグに手が届かないように分厚い雑誌を上から置いたりして、かごに入れたバッグを簡単に持っていかれないような対策をしましょう。

このページに関するお問い合わせ

安全安心課 防犯安全担当
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所3階
電話:092-584-1111(代表)
ファクス:092-584-1143
安全安心課 防犯安全担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク