あなたのその一瞬が狙われています「ひったくり対策」

ページ番号1001417  更新日 令和3年3月9日

ひったくりとは

ひったくりとは、徒歩や自転車で通行している人を狙って、追い越しざまやすれ違いざまにバッグなどを奪う悪質な犯罪です。また、バッグなどを奪われるだけでなく、被害に遭った際に転倒してけがを負わされる危険性もあります。

ひったくりは、バッグの持ち方を工夫するなど、ちょっとした心掛けで防ぐことができます。犯人は一瞬の隙を狙っています。「まさか自分が被害に遭うはずがない」と油断せず、被害に遭わないための対策をしましょう。

被害に遭わないための対策

バッグは車道と反対側に持つ

犯人は、自分が通行する側(車道側)にバッグを持つ人を狙っています。普段からバッグは車道と反対側の手に持つように意識しましょう。
また、肩に掛けられるタイプのバッグであれば、たすきがけ(斜めがけ)をして肩に掛けると被害防止に効果的です。

時々後ろを振り返って周囲を警戒する

外出時は、時々後ろを振り返るなどして、常に周囲を警戒するようにしましょう。また、夜間帯の外出時は、明るく、人通りの多い道を選びましょう。

ながら歩きをしない

音楽を聞きながら、スマートフォンの画面を見ながらなどの「ながら歩き」は、近づいてくる犯人に気付くのが遅れてしまい、被害に遭いやすくなるのでやめましょう。

自転車のカゴには防犯ネットを

自転車に乗る時は、カゴに入れているバッグにも注意が必要です。無防備に入れたままにせず、カゴに防犯ネットを取り付けたり、バッグの上に雑誌などを置くなど、追い越しざまやすれ違いざまに犯人から奪われないような対策をしておきましょう。

このページに関するお問い合わせ

安全安心課 防犯安全担当
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所3階
電話:092-584-1111(代表)
ファクス:092-584-1143
安全安心課 防犯安全担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク