ツーロックの徹底を!「自転車盗対策」

ページ番号1001418  更新日 令和3年3月8日

自転車盗は、春日市内で最も多く発生している犯罪であり、最も身近な犯罪であると言えます。

自転車は、通勤や通学、買い物などで手軽に利用できる便利な乗り物ですが、路上に放置したり、施錠をしなければ、簡単に盗まれてしまう可能性があります。

自転車が盗難被害に遭えば、日常生活に支障をきたし、また、盗まれた自転車が犯罪に使用される可能性もあります。

しっかりと盗難防止対策を講じ、被害に遭わないようにしましょう。

被害に遭わないための対策

被害に遭わないために、次のような対策を心掛けましょう。

ツーロックの徹底

購入時に付属されている鍵に加え、U字式ロックやワイヤー錠などの補助錠を活用し、短時間の駐輪であっても必ずツーロックを徹底しましょう。

管理された駐輪場を利用する

施錠していても、路上に放置したままでは盗難被害に遭いやすくなります。
明るい場所にある駐輪場や係員が常駐または巡回している、監視の行き届いた駐輪場を利用するようにしましょう。

購入時には防犯登録を

防犯登録とは、自転車が万が一盗難被害に遭った場合でも、所有者の元へ戻りやすくするためのものです。防犯登録をすることは、「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」で義務付けられています。
防犯登録は、自転車を購入した販売店や管轄警察署内の防犯協会、交番などで手続きできます。

このページに関するお問い合わせ

安全安心課 防犯安全担当
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所3階
電話:092-584-1111(代表)
ファクス:092-584-1143
安全安心課 防犯安全担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク