認知症高齢者等事前登録制度

ページ番号1001972  更新日 令和3年7月27日

認知症などにより行方不明となる恐れのある人の氏名、住所、連絡先、特徴、写真などを市に登録することで、捜索時に早期対応し、身元確認ができるようにします。

事前に登録された高齢者の身体的特徴や写真などの情報は、警察署や地域包括支援センター、春日市社会福祉協議会と共有しています。

登録者には、見守りオレンジシールを交付します。このシールは、靴や杖など持ち物に貼る登録番号の反射シールで、行方不明者の捜索や、登録番号も含めて情報発信し、本人特定の手がかりにすることができます。

対象者

認知症などにより行方不明となる恐れのある人

利用料金

利用料金の負担はありません

申請方法

申請書と顔写真(本人とはっきり分かるもの)を郵送、Eメールまたは窓口で提出する

※ 申請様式はダウンロードするか、市役所の窓口で入手してください。

※ 郵送・Eメールで提出した場合は、必ず、電話などで到着確認の連絡をしてください。

ダウンロード

見守りオレンジシールの交付方法

登録済の対象者

令和3年7月から随時、窓口で手渡しまたは郵送

新規登録の対象者

登録申請後、窓口で手渡しまたは郵送

配布枚数

1人20枚です。

※ 1回のみの交付で、再発行はできません。

申請・問い合わせ先

春日市役所 高齢課 高齢者支援担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5

電話:092-584-1111(代表)

ファクス:092-584-3090

メールアドレス:kourei@city.kasuga.fukuoka.jp

登録後、実際に行方不明となった場合

  1. 春日市を管轄する警察署(春日警察署)に行方不明者の届け出をしてください。
    広域の捜索を依頼するためには、交番ではなく、警察署に届け出る必要があります。
    春日警察署(福岡県春日市原町3-1-21)
    電話:092-580-0110
  2. 市役所に連絡してください。
    本人の情報と家族などの意向を確認後、春日市の総合情報メールやLINEなどで情報提供を呼びかけます。

総合情報メール・春日市LINE公式アカウント登録方法

行方不明発生時には、見守りオレンジシールの登録番号も含めてメールやLINEなどで情報発信を行いますので、登録をお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

高齢課 高齢者支援担当
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所1階
電話:092-558-1205
ファクス:092-584-3090
高齢課 高齢者支援担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク