はじめに(令和3年度 施政方針)

ページ番号1005373  更新日 令和3年3月2日

 令和3年第1回春日市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆さまにおかれましては、ご多用の中、ご参集いただき、厚くお礼を申し上げます。

施政方針の説明に入ります前に、新型コロナウイルス感染症に関して、一言(ひとこと)述べさせていただきます。

新型コロナの感染拡大は、私たちの社会、生活の在り方を大きく変えました。令和2年11月以降、全国的に感染が再拡大し、1月13日には、福岡県を対象区域とする緊急事態宣言が再発令されました。今後とも予断を許さず、あらためて社会全体で感染防止対策を徹底していかなければならない状況にあります。市民の皆さまには、新型コロナに係る市の取り組みにご理解とご協力をいただき、心より感謝申し上げます。また、最前線で対応に当たっておられる医療従事者の皆さまをはじめ、感染防止対策に尽力しておられる全ての事業者の皆さまに、深く敬意を表します。

コロナ禍の克服に向け、国内でのワクチン接種の動きも本格化しており、春日市としましても、市民の皆さまが速やかに接種できるよう全力を尽くしております。しかしながら、ワクチンが全ての市民に行きわたるには時間がかかることが予想されます。引き続き、マスクの着用や手洗い、密閉、密集、密接の三つの密の回避など、基本的な感染防止対策の徹底にご協力いただきますようお願いいたします。

また、令和2年度は、市民の皆さまの生活や事業者の皆さまの事業継続を支えるため、国・県と併せて春日市も緊急対策を打ち出し、さまざまな支援を行ってまいりました。令和3年度においても、状況を注視し、必要な支援を行っていきたいと考えております。

さて、令和3年度は、「第6次春日市総合計画」の初年度となります。将来都市像として、「住みよさ実感都市 かすが つながる はぐくむ 支え合う」を掲げており、10年後も、そしてその先も、市民の皆さまに住みよさを実感してもらえるまちであり続けるという強い決意を込めております。

また、この計画では、「誰もが住み続けたいと思えるまちづくり」、「みんなが活躍する協働のまちづくり」、「未来へつなげるまちづくり」という3つの基本理念を新たに掲げております。これらの理念は、春日市がまちづくりを行う上で常に意識していく基本的な考え方になります。

とりわけ、「協働のまちづくり」につきましては、コロナ禍という苦しい状況だからこそ、より一層、重要性が増しているのではないかと考えており、市民の皆さまとの対話を積み重ね、行政と地域が一体となって、この難局を乗り越えていきたいと思います。

それではここから、令和3年度の市政運営における私の所信の一端を、第6次春日市総合計画に定める政策に沿って、具体的な施策とともに述べさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

経営企画課 企画担当
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所5階
電話:092-584-1133
ファクス:092-584-1145
経営企画課 企画担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク