基本目標5 持続可能で、市民から信頼される行政経営

ページ番号1005371  更新日 令和3年3月2日

最後に、基本目標5「持続可能で、市民から信頼される行政経営」を実現するための政策と、その考えについて、申し上げます。

5-1 効果的・効率的な行政運営

まず、『効果的・効率的な行政運営』についてであります。

他団体に比べて非常に少ない職員数で行政運営を行っている春日市が、より効率的で効果的な市民サービスを提供していくためには、優れた人材の確保と、職員の能力を最大限に引き出す環境の整備、そして最適な組織づくりが必要となります。

多様で優秀な職員の採用に努めるとともに、職員研修や人事評価などを通して、切れ目のない人材育成を行ってまいります。

また、ワークライフバランスを意識した働きやすい職場づくりを行い、職員が心身ともに健康な状態で職務に臨むことができる環境整備を進めてまいります。

窓口サービスの向上につきましては、令和3年3月からマイナンバーカードの健康保険証としての利用が開始されることなどから、マイナンバーカード申請の更なる増加が見込まれるため、窓口の体制を強化し、引き続き円滑な交付に努めてまいります。

併せて、各種証明書のコンビニ交付などマイナンバーカードを活用したサービスの周知を図るとともに、窓口における手続を支援するシステムの効果的な運用などにより、市民の利便性の向上に努めてまいります。

5-2 持続可能な財政運営

次に、『持続可能な財政運営』についてであります。

春日市の財政運営につきましては、高齢化の進行に伴う社会保障関係経費の増加や、公共施設の老朽化に伴う更新・長寿命化に係る費用の確保が大きな課題となっており、さらに、新型コロナの影響により税収が大きく減少し、その影響は長期間に及ぶ可能性があります。このような状況の中で、公共サービスの質を維持するためには、今まで以上に中・長期的視点に立った持続可能な行政運営を確立することが必要不可欠であります。

このため、ICT技術の活用による業務の効率化や、民間活力を活用する分野の拡大を図るなど、効率的・効果的な行政運営を推進してまいります。

また、優先順位の最適化による事業見直しも視野に入れつつ、引き続き、行政コストの節減に努めるとともに、受益と負担の見直しなどについても、市民の皆さまのご理解を得ながら進めてまいります。

市の財源の根幹である市税につきましては、税負担の公平性を確保するためにも、引き続き、滞納処分の強化を図ってまいります。

また、市税等の納付方法に関しましては、新型コロナ対策と市民の利便性向上の観点から、口座振替など非対面・非接触の手段による納付方法の利用を推進してまいります。

市庁舎につきましては、建築から28年が経過し、劣化が進んでおりますので、施設の長寿命化を図るため、令和3年度は、前年度から引き続き市庁舎防水外壁改修工事を行うとともに、防災設備の改修工事を新たに行います。

このページに関するお問い合わせ

経営企画課 企画担当
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所5階
電話:092-584-1133
ファクス:092-584-1145
経営企画課 企画担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク