証明書コンビニ交付サービス

ページ番号1000848  更新日 令和3年4月1日

マイナンバーカードを利用して、全国のコンビニエンスストアなどのマルチコピー機で、各種証明書が取得できます。

土曜日・日曜日、祝日、早朝・夜間、春日市外でも使用できる便利なサービスです。

コンビニ交付サービスの一時停止のお知らせ

システムの設定変更作業などに伴い、コンビニ交付サービスを一時停止します。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。

サービス停止日時

(1) 令和3年5月1日(土曜日)から令和3年5月5日(水曜日)までの終日

(2) 令和3年6月9日(水曜日)の終日

停止対象

サービス停止日時(1) すべてのサービス(戸籍証明書の利用登録を含む)

サービス停止日時(2) 所得証明書・所得課税(非課税)証明書の交付

取得できる証明書の種類・手数料など

窓口で取得するよりも手数料が50円お得です。

取得できる証明書の種類・手数料
証明書の種類 窓口での手数料 コンビニ交付での手数料 取得できる範囲、証明内容など
住民票の写し 300円 250円 春日市に住民登録がある本人または同一世帯の人の現在の住民票が取得できます。

本籍、続柄の記載の有無を選択できます。

住民票コードや個人番号は記載できません。

印鑑登録証明書 300円 250円 春日市に印鑑登録している本人の証明書が取得できます。
戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄本・抄本) 450円 400円 春日市に本籍がある本人または同一戸籍の人の現在の謄本(抄本)が取得できます。

除籍や改製原戸籍は取得できません。

※ 春日市外に住民登録がある人は、事前にマルチコピー機かパソコンで利用登録申請が必要です(登録完了まで1週間程度かかる)。

戸籍の附票の写し 300円 250円 春日市に本籍がある本人または同一戸籍の人の現在の謄本(抄本)が取得できます。

除籍や改製原戸籍は取得できません。

※ 春日市外に住民登録がある人は、事前にマルチコピー機かパソコンで利用登録申請が必要です(登録完了まで1週間程度かかる)。

所得証明書
所得課税(非課税)証明書
300円 250円 春日市に住民登録がある本人の最新年度の証明書が取得できます。

※ 未申告の人は取得できません。

※ 毎年6月10日に年度が切り替わります。

利用時間

午前6時30分~午後11時

※ 年末年始(12月29日~1月3日)および保守点検日(不定期)を除きます。

利用できる店舗

マルチコピー機が設置されている全国の店舗で利用可能です。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • エーコープ鹿児島
  • ミニストップ
  • ポプラ
  • 日本郵便
  • イオンリテール
  • ウエルシア薬局
  • 丸久
  • イオン九州
  • イオン琉球
  • ココカラファインヘルスケア など

※ 利用できる店舗の情報は、コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付【コンビニ交付】 | 利用できる市区町村(https://www.lg-waps.go.jp/01-04.html)で「福岡県-春日市」で検索し、確認してください。

利用に必要なもの

  • マイナンバーカード(「利用者証明用電子証明書」が搭載されたもの)
  • 「利用者証明用電子証明書」の暗証番号(4桁)
  • 手数料

※ マイナンバーカードの取得には、申請から1カ月程度かかります。証明書コンビニ交付サービスを利用する人は、早めの申請をお願いします。マイナンバーカードの取得方法については、マイナンバー(個人番号)についてで確認してください。

戸籍証明書の利用登録申請(春日市に住民登録がある人は不要)

春日市に本籍があり、春日市外に住民登録がある人は、戸籍証明書のコンビニ交付サービスを利用するために、事前に利用登録申請が必要です。

利用登録申請の詳細については、コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付【コンビニ交付】 | 本籍地の戸籍証明書取得方法(https://www.lg-waps.go.jp/01-06.html)で確認してください。

利用方法

コンビニなどに設置されているマルチコピー機の画面から「行政サービス」⇒「証明書交付サービス」を選択し、画面の案内に従って自分で操作してください。

※ マルチコピー機の操作方法などは、コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付【コンビニ交付】 | 証明書の取得方法(https://www.lg-waps.go.jp/01-01.html)で確認してください。

安心して利用していただくため

  • マルチコピー機は自分で操作するため、周りの人の目に触れず、証明書を取得することができます。
  • システム内では専用のネットワークを利用し、データの暗号化により、個人情報漏えい防止対策を実施しています。
  • 交付する証明書はA4普通紙に対して偽造・改ざん防止処理が施され、従来の改ざん防止専用紙と同等の対策を実施しています。
  • 証明書の印刷後は、マルチコピー機において、証明書データを消去するため、個人情報は残りません。
  • マイナンバーカードや証明書を忘れないよう、マルチコピー機の画面や音声、アラームなどの取り忘れ防止対策を実施しています。

注意事項

  • マイナンバーの通知カードや印鑑登録証、住民基本台帳カードでは利用できません。
  • 取得した証明書の交換や手数料の返金はできません。春日市の手数料条例により手数料が免除となる場合でも、手数料の返金はできません。手数料免除を希望する人は、市民課および税務課窓口で証明書を請求してください。
  • 市役所などの窓口で取得できる証明書とは用紙が異なります。
  • 出力する証明書が2枚以上(例:住民票の写しで5人以上の世帯)の場合、窓口での証明書と異なりホッチキス止めされません。提出時は注意してください。
  • 3回連続で暗証番号を間違って入力した場合、利用できなくなってしまいます。ロックを解除する場合は、市民課窓口での手続きが必要です。詳しくは問い合わせてください。
  • カードの保管、暗証番号の管理には十分注意してください。

※ カードを紛失された場合は、カードの機能停止の手続きが必要です。マイナンバー総合フリーダイヤル(電話:0120-95-0178)へ連絡してください。

コンビニ交付サービスに係る手数料収納事務の委託

地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第158条第1項の規定により、コンビニエンスストアなどに設置されているマルチコピー機から交付する証明書などに係る手数料の収納事務を委託しましたので、同条第2項の規定により公表します。

委託先名称

地方公共団体情報システム機構

委託先所在地

東京都千代田区一番町25番地

委託期間

令和3年4月1日~令和4年3月31日

このページに関するお問い合わせ

市民課 市民窓口担当
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所1階
電話:092-584-1111(代表)
ファクス:092-584-1141
市民課 市民窓口担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク