こども医療

ページ番号1001033  更新日 令和元年11月15日

対象者

  • 通院:小学校6年生まで
  • 入院:中学校3年生まで

※ 所得制限はありません。

一部自己負担金

  • 3歳未満:なし
  • 3歳以上の未就学児:通院 800円/月(上限)、入院 500円/日(月7日限度)
  • 小学生:通院 1,200円/月(上限)、入院 500円/日(月7日限度)
  • 中学生:入院 500円/日(月7日限度)

※ 同月内に同一医療機関で医科と歯科を受診された場合や、複数の診療科(旧総合病院での受診は除く)を受診された場合は、別々の取り扱いになります。

主な支給開始日について

  • 出生の場合の支給開始日
    • 出生から30日以内に申請したときは、出生日から。
    • 出生から30日を過ぎて申請したときは、申請月の初日から。
  • 転入の場合の支給開始日
    • 転入日と同月内に申請したときは、転入日から。
    • 転入日の翌月以降に申請したときは、申請月の初日から。

ひとり親家庭等医療の要件にも該当する方

  • 小学校就学前:こども医療が優先
  • 小学校就学後:ひとり親家庭等医療が優先

※ ひとり親家庭等医療を受給するには別途申請手続きが必要です。

重度障害者医療の要件にも該当する方

  • 3歳未満:こども医療が優先
  • 3歳以上から小学校6年生まで:重度障害者医療と、こども医療のどちらかを選択可(自己負担額は重度障害者医療が低い)
  • 中学生:重度障害者医療と、こども医療のどちらも受給可(ただし、医療証は重度障害者医療のものを交付、こども医療は入院時の差額給付を受けるための認定)

※ 重度障害者医療を受給するには別途申請手続きが必要です。

持ってくるもの

  • 子どもの健康保険証または保険資格取得証明書
  • 印鑑

次は3歳以上の子どもがおり、かつ、転入者などで市民税・県民税が春日市から課税されてない場合のみ必要です。

  • 子どもの父及び母の「マイナンバーカード」もしくは「個人番号通知カードと本人確認書類」
  • 同意書(地方税関係情報について、春日市がマイナンバーを通して取得することに同意するもの。自署になりますが、代理人が署名する場合、本人からの委任状が必要になります)
  • 所得証明書(地方税関係情報について、春日市がマイナンバーを通して取得することに同意いただけない場合に、代わりに必要となります)

※ 本人確認書類について:
(1点でよい場合)運転免許証、パスポートなど官公署が発行した顔写真つき身元証明書
(2点でよい場合)健康保険証、年金手帳、など「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されたもの

申請書および同意書

こども医療の認定を受けた方へ

医療証には有効期間があり、有効期間満了後は医療証の使用はできません。

所得制限はありませんが、生計維持者の所得額の確認など、春日市が受給資格の審査を行います。

受給資格の審査に書類が必要な人は、事前に連絡します。

  • 3歳未満の人の更新時期:3歳の誕生月(1日生まれのこどもは誕生月の前月)
  • 3歳以上の人の審査時期:毎年7月から9月まで

※ 医療証の使い方などについては、医療費の一部助成制度を見てください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

国保医療課 医療担当
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所1階
電話:092-707-1178
ファクス:092-584-1141
国保医療課 医療担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク