妊婦健康診査

ページ番号1001474  更新日 令和2年4月28日

妊娠したら、医療機関(産婦人科)で、定期的に健康診査を受けましょう。

健康診査の回数

  • 妊娠23週(第6月)まで:4週に1回
  • 妊娠24週~35週(第7月~9月):2週に1回
  • 妊娠36週以降(第10月):毎週1回

持っていくもの

母子健康手帳

公費負担

決められた検査項目の費用を公費で助成します。

妊婦健康診査補助券を持参してください。

春日市妊婦健康診査助成金交付制度

里帰りなどにより、春日市妊婦健康診査補助券が利用できない医療機関および助産院で妊婦健康診査(以下妊婦健診)を受けた場合に、妊婦本人の事後申請に基づき限度額の範囲内で市が健診費用を助成する制度です。

助成の申請を行えるのは、妊婦健診を受診した妊婦本人で、助成申請ができる回数は、春日市で妊婦健診補助券を利用した回数も含め、最大14回です。

対象者

春日市外(福岡県・佐賀県・大分県の医師会未加入病医院を含む)の医療機関および助産院で妊婦健診を受診した妊婦本人

申請から助成までの流れ

  1. 妊婦健診受診
    受診時は、いったん費用の全額を本人が負担します。申請と助成金の交付は、健診受診後に行います。
  2. 申請(受診後1年以内)
    必要書類をすべて準備し、子育て支援課窓口に持参してください。
  3. 審査
    提出された書類に基づき市で審査を行い、助成額を決定します。審査結果については、後日、子育て支援課から「春日市妊婦健康診査助成金交付決定通知書」を郵送します。
  4. 助成
    申請書に記載された本人名義の口座に振り込みます。

申請に必要な書類

  • 自己負担した健診料に係る妊婦健診の領収書(写しでも可)
  • 未使用の春日市妊婦健康診査補助券
  • 印鑑
  • 振り込み先が分かるもの(通帳など、本人名義に限る)
  • 母子健康手帳の妊婦健康診査記入欄の写しおよび診療明細など検査した項目が分かるもの

助成申請額

  • 1回分の助成申請額は、限度額と実際に健診でかかった費用を比べ、いずれか少ない方の金額です。
  • 助成の限度額は、春日市妊婦健康診査補助券の補助金額に相当します。
  • 一度に複数回分の健診費用の助成申請をする場合は、各健診の助成額の合計が「助成金交付申請額」となります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課 母子保健担当
〒816-0851
福岡県春日市昇町1-120
いきいきプラザ内
電話:092-584-1015
ファクス:092-501-0051
子育て支援課 母子保健担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク