会計年度任用職員の募集

ページ番号1004457 

地方公務員法が改正され、これまで嘱託職員・臨時職員として任用されてきた職が、令和2年度から会計年度任用職員として任用されます。

変更点

  • 地方公務員法が適用されるため、職員と同様の義務を守る必要がある(守秘義務、営利企業への従事制限、信用失墜行為の禁止、職務専念義務、政治的行為の制限など)
  • 職員と同様に懲戒処分の対象となる
  • 仕事の成果について人事評価を受ける
  • 任用は年度末までとなる
  • 人事評価による再度の任用制度あり。3年に1回は公募し選考。一度任用された人も応募可能となる
  • 初めの1カ月は条件付採用となり、成績不良の場合は免職となる
  • 職によっては、期末手当、退職手当が支給される
  • 通勤手当が職員と同様に支給される

募集する職

一覧外の募集職種

応募方法

専用の応募用紙に写真を貼付し必要事項を記入の上、募集する所管宛に提出する(郵送可)

なお、資格が必要な職については、資格を証明する書類の写しも合わせて提出してください。

ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。