春日市高齢者福祉計画2021・第8期介護保険事業計画

ページ番号1008670 

いわゆる団塊の世代のすべてが75歳以上の後期高齢者となる2025年(令和7年)が近づいており、その先には、高齢者人口がピークを迎える2040年(令和22年)が見えてきています。今後、さらに高齢者のみの世帯や認知症の人の増加も見込まれ、介護サービスの需要がますます増加・多様化することが想定されます。

このような中、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、目指すまちの将来像(基本理念)、今後3年間の取り組み、介護保険料(第1号被保険者)などを定めた「春日市高齢者福祉計画2021・第8期介護保険事業計画」を策定しましたので、公表します。

基本理念

みんなで支え合い 高齢者やその家族が安心して自分らしく暮らせるまち

計画期間

令和3年度から令和5年度まで

計画

自己評価結果

第8期介護保険事業計画に記載した取り組みと目標について、2021年度(令和3年度)の実績に基づく自己評価結果を取りまとめましたので、次のとおり公表します。

2021年度(令和3年度)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。