令和4年度以降の春日市成人式の対象年齢について

ページ番号1007142  更新日 令和2年9月15日

春日市の成人式は、これまでどおり「20歳」を対象として実施します

平成30年6月13日に民法の一部を改正する法律が成立し、令和4年4月1日から民法の定める成年年齢が18歳に引き下げられることから、春日市では令和4年度以降の成人式について検討を行ってきました。

検討の結果、次の理由などにより、これまでどおり「20歳の人」を対象に開催します。

また、開催時期もこれまでどおり成人の日(1月の第2月曜日)を予定しています。なお、成人式の名称については、引き続き検討していきます。

理由

  1. 成年年齢となる18歳を対象とした場合、対象者の多くが進学や就職など将来に向けての進路選択にかかる重要な時期にあたり、時間的、精神的、経済的な負担がこの時期に集中、増大することが懸念される。
  2. 20歳を対象とすることで、進学や就職などを機に春日市を離れた人が、式典を機に地元に集まることで、同級生や地域とのつながりを再認識する機会となる。
  3. 18歳で全ての権利が現在の成人と同等になるわけではなく、20歳が引き続き重要な節目となる。

このページに関するお問い合わせ

地域教育課 社会教育・読書推進担当
〒816-0831
福岡県春日市大谷6-24
ふれあい文化センター内
電話:092-575-4121
ファクス:092-593-7380
地域教育課 社会教育・読書推進担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク