一般質問における執行部(市長や部長)の自席答弁について

ページ番号1003629  更新日 令和元年9月20日

市議会では、一般質問における執行部の自席での答弁について、傍聴者アンケートや議会報告会で出されたご意見やご要望を踏まえ、これまで議会改革の一環として、取り組んでまいりましたので、その結果を御報告いたします。

1 執行部の自席答弁とは

現在、市議会では議場で行われる本会議(一般質問)において、議員の質問に対し執行部は、すべて演壇で答弁を行っています。

平成28年9月の議会運営委員会において、執行部の答弁を1回目は演壇で、2回目以降は自席で行うよう合意が得られ、市議会ではその実現に向け取組を行うこととなりました。なお、執行部の自席答弁は、福岡県内29市議会のうち25市議会で、すでに実施されています。

2 自席答弁が必要な理由

執行部の2回目以降の答弁を自席で行うことにより、本会議の時間短縮につながり、傍聴者やケーブルテレビなどの視聴者の皆様に、質問と答弁の間隔が短くなることで内容がわかりやすくなること、などが理由です。

3 これまでの取組

市議会では、執行部の答弁にかかわることから、自席答弁の実施に際しては執行部の意向を尊重しながら、これまで3回申し入れを行ってまいりましたが、執行部との見解の相違から実施に至っておりません。

4 執行部の考え方

市議会の申し入れに対し、趣旨は理解するが、一般質問の答弁は市の施策や方針等を市を代表してお答えする重要なものであり、質問の内容と答弁の内容がかみ合うことはもとより、その内容は正確でなければならず、また明確に、わかりやすく行う必要があり、そのような答弁を行うためにも、自席よりも登壇して行うことが必要であると考える、との回答を執行部からいただいています。

5 今後について

市議会では、執行部の自席答弁についてその方向性を検討するとともに、議会活動の充実・強化に向け、議会改革に引き続き取り組んでまいります。

このページに関するお問い合わせ

議事課
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所議会棟1階
電話:092-584-1113
ファクス:092-584-1146
議事課へのお問い合わせは専用フォームへのリンク