水道管にも冬支度が必要です

ページ番号1004965  更新日 令和5年1月23日

気温が氷点下になると水道管が凍結して破裂したり、水が出なくなったりすることがあります。屋外で露出している水道管や蛇口など、凍結しやすい部分には早めに防寒対策を行いましょう。

凍結防止の方法

  • 地中にあるメーターボックス内は、保温材(ビニール袋に発砲スチロールや新聞紙をちぎって入れたもの)を詰め、保温しましょう。
  • 屋外で露出している水道管や蛇口には、保温チューブやタオルを巻き付け、その上からビニールテープなどを巻き保温しましょう。
  • 給湯器は、本体につながる水道管の凍結防止と併せて、取扱説明書などで使用機器の凍結防止対策を確認しましょう。
  • 夜明け前の冷え込みが予想される日の前夜には、風呂などの蛇口を少し開けて、水を少しずつ出しておくと凍結しにくくなります。

このページに関するお問い合わせ

春日那珂川水道企業団
〒816-0804
福岡県春日市原町2-30-2
電話:092-571-7001
ファクス:092-574-4960

春日那珂川水道企業団ウェブサイト