公民館が改修中の場合の避難先について

ページ番号1010354  更新日 令和6年5月22日

災害発生時に避難する必要がある場合は、まず一時避難所として、住んでいる地区の公民館に避難することになっていますが、改修などで利用できない場合があります。

その場合、代わりの避難先となる近隣の公民館を案内しますので、避難する際は春日市に連絡してください。

なお、必ず春日市の指定避難所に避難する必要はありません。親戚や友人・知人宅、ホテルや旅館なども、避難先としてあらかじめ検討してください。

【令和6年度改修工事などで一時的に使用ができない公民館】

(1)惣利地区公民館 ※使用ができない期間 令和6年6月17日から令和7年2月末(予定)まで

惣利地区に住んでいる人で、災害発生時に自主避難を希望する場合は、次の公民館に避難してください。

  • 大土居地区公民館(大土居3丁目148番地3 電話092-596-4743 ファクス092-596-4743)
    ※ 詳細なマップ情報は「関連情報 避難所・避難場所」から確認できます。

(2)白水ヶ丘地区公民館 ※使用ができない期間:令和6年10月中旬から2週間程度(予定)

  • 公民館の改修工事のため、令和6年10月中旬から2週間程度使用ができない期間が発生する見込みです。
    なお、この期間中の一時避難所は現在、他地区と調整中ですので、決まり次第お知らせします。

このページに関するお問い合わせ

安全安心課 防犯防災担当
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所3階
電話:092-584-1111(代表)
ファクス:092-584-1143
安全安心課 防犯防災担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク