春日市妊産婦応援タクシー料金助成事業

ページ番号1008823  更新日 令和3年6月11日

妊産婦応援タクシー料金助成券は令和3年7月1日から利用できます

春日市では、新型コロナウイルス感染症予防対策として、妊産婦が公共交通機関を利用せずに、安心して健診や陣痛などの医療機関への受診、赤ちゃん連れでのお出かけなどができるように、対象者にタクシー料金助成券を交付します。

対象者

基準日である令和3年7月1日(以下基準日)に、春日市に住民票がある人で(1)から(5)のいずれかに該当する人

(1)基準日から令和4年3月31日までに妊娠の届出を行った妊婦

(2)基準日以前に妊娠の届出を行い、現在も妊娠中の方

(3)令和3年4月2日から基準日までに出産した産婦

(4)基準日から令和4年3月31日までに春日市に転入届出をした妊婦

(5)令和3年4月2日以降に出産し、令和4年3月31日までにその赤ちゃんと一緒に春日市に転入届出をした産婦

助成内容

タクシー料金助成券 10,000円分(500円券×20枚)

使用できる期間

助成券受領日から令和4年12月31日まで

使用期間(令和5年1月1日)以降は利用できませんのでご注意ください。

助成券の交付方法と交付時期

対象者(1)には、母子健康手帳交付時に窓口(いきいきプラザ子育て支援課)で交付します。

対象者(2)(3)(5)には、住民基本台帳に登録された自宅に郵送します。

対象者(4)には、妊婦健康診査補助券の差し替え時に窓口(いきいきプラザ子育て支援課)で交付します。

※ 郵送での交付は6月下旬を予定しています。

助成券の使用方法

 乗車状況 

 可否
妊婦本人のみ乗車
産婦本人のみ乗車
産婦本人が赤ちゃんと乗車

妊産婦および赤ちゃん以外の家族のみが乗車

×
産婦以外の家族が赤ちゃんと乗車
妊産婦が家族以外(友人)の人と乗車
父のみが乗車 ×
祖父母のみが乗車 ×

使用できる場所は、乗車または降車のいずれかが春日市内の場合に限ります。

乗車時に必ず母子健康手帳を乗務員に提示し、タクシー料金助成券を乗務員に渡してください。

1回の使用時の枚数制限はありません。例えば、乗車料金1800円の場合は、助成券3枚まで使用でき、差額は自己負担となります。おつりはでません。

 

注意事項

申請書の提出は必要ありません。

登録タクシー会社のみ利用できます。

春日市外に転出した場合は利用できません。

紛失時の再発行はできません。また、紛失した際は、子育て支援課に届け出てください。

破損や汚損した場合に限り、再交付することができます。

助成券を第三者に譲渡したり利用させることはできません。不正に利用した際は、助成額を返還していただきます。

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課 母子保健担当
〒816-0851
福岡県春日市昇町1-120
いきいきプラザ1階
電話:092-584-1015
ファクス:092-501-0051
子育て支援課 母子保健担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク