不安を抱える妊婦への新型コロナウイルス感染症検査

ページ番号1007424  更新日 令和2年11月19日

福岡県では、新型コロナウイルス感染症の検査を希望する妊婦を対象に、分娩前のPCR検査を実施します。

また、対象者のうち、令和2年4月1日以降に検査を受け、検査費用を負担した人に対して費用の一部または全部の助成があります(要申請、申込期限:令和3年4月10日)。

 

対象者

次の全てに該当する妊婦のうち、検査を希望する人

  • 福岡県内(北九州市、福岡市および久留米市を除く)の産科医療機関で分娩予定である
  • おおむね妊娠37週~38週(分娩予定日がおおむね2週間以内)である
  • 新型コロナウイルス感染症の感染を疑う症状がない

※ おおむね妊娠37週~38週でない妊婦でも、早産リスクなどがある場合は対象となる場合がありますので問い合わせてください。

相談先・検査場所

かかりつけ産科医療機関など

※ かかりつけの産科医療機関で検査を実施していない場合は、福岡県から他の産科医療機関を紹介しますので問い合わせてください。

検査方法

唾液または鼻から綿棒を入れて鼻の奥から採取した粘液の検査

検査費用

無料

※ 別途、診察料などの自己負担が発生する場合があります。

検査回数

妊娠1回につき1回限り

里帰り出産などで福岡県外の医療機関で検査し、費用を自己負担した場合

福岡県(北九州市、福岡市および久留米市を除く)に住所がある人が、福岡県外の里帰り先などで同様の検査を受け、自ら検査費用を負担した場合には、その費用について2万円を上限に助成します(令和2年4月1日以降の検査が対象)。

申請期限

令和3年4月10日

申請先

福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局 企画1班

※ 詳しくは福岡県のウェブサイトを見てください。

参考

問い合わせ先

福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局(企画1班)

電話:092-643-3609

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課 母子保健担当
〒816-0851
福岡県春日市昇町1-120
いきいきプラザ内
電話:092-584-1015
ファクス:092-501-0051
子育て支援課 母子保健担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク