接種券の発行申請

ページ番号1008755  更新日 令和4年5月27日

接種券の発行を希望する人は、事前に関連情報を確認してください。

接種対象者

1・2回目接種

5歳以上の人

3回目接種

2回目接種を終えている12歳以上の人

4回目接種

3回目接種を終えている、次のいずれかに該当する人

  • 60歳以上の人
  • 18歳から59歳までの人で、基礎疾患を有するなど重症化リスクが高い人

発行申請が必要な場合(1・2回目の接種)

以下の1~8に当てはまる場合は、発行申請が必要です。

  1. 未接種または1回のみ接種し、転入した場合
  2. 接種券を紛失、滅失、破損などした場合
  3. 接種券の発送後に住民票所在地など変更(転居など)となった場合
  4. 何らかの事情により、接種券が届かない場合
  5. 予診のみ券を2回使った場合
  6. 住民票および戸籍に記載がない場合
    ※ 春日市に生活実態があるものの、住民票または戸籍に登録がないなどの事情により、接種券の発行を受ける事ができないやむを得ない事情がある人は、相談してください。
  7. DV(ドメスティックバイオレンス)などの事情により、住民情報の取り扱いに注意が必要な場合
    ※ 春日市に生活実態があるものの、DV被害などの事情により、接種券の受け取りができない人などが対象です。
  8. その他接種券の発行が必要であると市長が認めた場合

接種券の発行申請が必要な場合(3・4回目の接種)

以下の1~10に当てはまる場合は、発行申請が必要です。
この他、4回目接種を希望する18歳から59歳までの人で基礎疾患を有する人についても申請が必要です。

  1. 転入前市町村で前回接種を終えた後に転入した場合(前回接種の際に前市町村の接種券を使用して接種した場合も含む)
  2. 発送予定時期を過ぎても何らかの事情により、接種券が届かない場合
  3. 海外や治験などで春日市の接種券を使用せず、前回接種を行った場合
  4. 接種券を紛失、滅失、破損した場合
  5. 接種券の発送後に住民票所在地など変更(転居など)となった場合
  6. 接種の問診時に予診のみとなり、接種券一体型予診票を使用した場合
  7. 海外在留邦人などに向けた新型コロナワクチン接種事業で前回接種した場合
  8. 住民票および戸籍に記載がない場合
    ※ 春日市に生活実態があるものの、住民票または戸籍に登録がないなどの事情により、接種券の発行を受ける事ができないやむを得ない事情がある人は、相談してください。
  9. DV(ドメスティックバイオレンス)などの事情により、住民情報の取り扱いに注意が必要な場合
    ※ 春日市に生活実態があるものの、DV被害などの事情により、接種券の受け取りができない人などが対象です。
  10. その他接種券の発行が必要であると市長が認めた場合

3・4回目接種券発行申請に当たっての確認事項

  • 接種券は前回接種完了日から5カ月後を目途に発送予定です。申請前に接種券発送スケジュールを確認してください。
  • 発送スケジュールより前に発行できる人は、事情があり通常の発送スケジュールでは接種に間に合わない人のみです。なお、接種券を早めに受け取った場合でも、前回接種完了日から5カ月を経過していないと接種はできません。
  • 4回目接種について、18歳から59歳の人は基礎疾患を有する人が対象となっています。接種券発行を申請する場合は対象者に該当するか必ず確認してください。

基礎疾患などを有する人の条件

  1. 以下の病気や 状態の人で、通院/入院している人
    • 慢性の呼吸器の病気
    • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
    • 慢性の腎臓病
    • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
    • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
    • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
    • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
    • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
    • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
    • 染色体異常
    • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
    • 睡眠時無呼吸症候群
    • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している(※)、 または自立支援医療 (精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している(※)場合)
      (※)重い精神障害を有する者として精神障害者保健福祉手帳を所持している人、および知的障害を有する者として療養手帳を所持している人については、通院または入院をしていない場合も、基礎疾患を有する者に該当する。
  2. 基準(BMI30 以上)を満たす肥満の人
  3. 新型コロナ感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める人

※ なお、基礎疾患などの判断は市ではできませんので、事前にかかりつけ医に確認してください。

申請に当たっての注意事項【重要】

  • 前回の接種を他市町村で終えている人(転入した人や春日市以外の接種券を使用し、前回の接種を終えた人など)は接種済証、接種記録書、接種証明書のいずかの写しを添付してください。
  • 発送スケジュールの後に一定期間が経過しても接種券が届かない場合は、連絡してください。
接種済証
接種済証イメージ
接種記録書
接種記録書イメージ

申請方法

以下のいずれかの方法で申請してください。

申請フォームからの申請

次のリンク先をクリックし、必要項目の入力および必要書類の添付後、送信ボタンを押してください。送信が完了すると、春日市健康スポーツ課から受付内容の確認メールが送付されます。

なお、インターネットを利用して申請を行うため、窓口へ行く手間が省け、時間外でも申請ができるため、ぜひ活用してください。

郵送申請

次の書類を郵送してください。

なお、郵送申請の場合、申請書の記載内容を確認後、郵送により接種券を交付します。

  1. 接種券発行申請書(破損などした接種券があれば同封)
  2. 返信用封筒(長3定型封筒、94円切手を貼付、申請者の宛先を記載)
  3. 添付書類(1・2回目を他市町村の接種券で接種した人の接種済証・接種記録書など)。

※ 住民票所在地以外への送付を希望する人は、必ず本人確認書類(本人または委任を受けた人)を添付してください。

窓口申請

窓口に必ず本人確認書類を持参の上、「接種券発行申請書」(破損などした接種券があれば一緒に)提出してください。また、添付書類も忘れずに同封してください(1・2回目を他市町村の接種券で接種した人の接種済証・接種記録書など)。申請内容を確認し、 接種券を交付します。

電話申請

春日市集団接種会場で接種を終えている人や1回目が未接種の人に限っては、健康スポーツ課へ氏名、生年月日、住所(住民票所在地)、電話番号、接種を受けた回数を電話連絡することで、後日郵送で接種券を交付します。発送先は、住民票所在地となります。

※ 住民票所在地以外への送付は申請フォーム・郵送・窓口のいずれかの方法で申請してください。

申請先

春日市 健康スポーツ課

住所:〒816-0851 福岡県春日市昇町1-120 春日市いきいきプラザ2階

電話:092-501-1134

ファクス:092-501-1135

Eメール:kenkou@city.kasuga.fukuoka.jp

窓口受付時間:月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康スポーツ課 健康づくり担当
〒816-0851
福岡県春日市昇町1-120
いきいきプラザ内
電話:092-501-1134
ファクス:092-501-1135
健康スポーツ課 健康づくり担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク