福岡コロナ特別警報が発動されました(令和3年8月5日)

ページ番号1009075  更新日 令和3年8月13日

新型コロナウイルスの感染は、福岡県内でも急激な勢いで再拡大しており、昨日(8月4日)の新規陽性者数は過去最多の752人に達しました。

これを受けて、県は、独自の指標である「福岡コロナ警報」を「特別警報」に引き上げ、特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を国に要請しました。

現在「まん延防止等重点措置」の措置区域(春日市を含む福岡地域など)に適用されている次の要請内容等は維持されます。

  1. 飲食店の営業時間短縮(午後8時まで)と酒類提供の停止など
  2. 集客施設の営業時間短縮(午後8時まで)
  3. 日中も含めた不要不急の外出の自粛(特に午後8時以降は徹底)

また、引き続き、「県境をまたぐ不要不急の移動の自粛」や「三密(密閉・密集・密接)の回避、マスク着用、手洗い等の基本的な感染防止対策の徹底」なども求められています。

「福岡コロナ特別警報」の発動を受け、市の文化スポーツ施設等は、8月10日から8月31日まで休館とします。

今回の第5波では、感染力の強いデルタ株への置き換わりが進み、30代以下の若い世代でも重症化する事例が出ています。皆様には、ご自身だけでなく、大切な家族や友人、職場の人など周囲の人を守るため、これまで以上に感染防止対策を徹底していただきますよう、お願いします。

新型コロナウイルス感染症は、高齢者でなくても重症化や後遺症のリスクがあります。ワクチン接種は、これらのリスクの軽減が期待されており、本市のワクチン接種事業は、当初の予定を大幅に前倒しして進めています。

現在50歳以上の方と基礎疾患をお持ちの方の予約を受け付けており、8月6日から40歳以上、8月13日から30歳以上、8月20日から16歳以上の方々が予約可能となります。接種を希望される方は、ご自身の年齢区分に応じて、接種予約をしていただきますようお願いします。

令和3年8月5日 春日市長 井上 澄和(いのうえ すみかず)

このページに関するお問い合わせ

春日市役所
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
電話:092-584-1111(代表) ファクス:092-584-1142