イベントの対応方針

ページ番号1005324  更新日 令和3年11月29日

イベント主催者および施設管理者は、イベントを開催する場合、「イベン ト開催等における必要な感染防止策」に留意してください。

催物(イベント・集会等)の開催制限(特措法第24条第9項)

 5,000人超かつ収容率50%超のイベント(大声なし)

イベント主催者等が「感染防止安全計画」を策定し、開催2週間前までに福岡県へ提出をしてください。福岡県から確認を受ければ、人数の上限を収容定員まで、収容率の上限を100%(大声なし)とすることができます。
イベント開催後、主催者は、「イベント結果報告フォーム」を1カ月以内に県に提出してください。

提出先

福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局 まん延防止班

Mail: corona-ma001@pref.fukuoka.lg.jp ファクス: 092-643-3698

それ以外の場合

イベント主催者等は、感染防止安全計画を策定しない場合は、「イベント開催時に必要となる感染防止策」を参照の上、「イベント開催時のチェックリスト」を作成・ホームページ等に公表してください。なお、イベント主催者などは、当該チェックリストをイベント終了日より1年間保管してください。

  1. 収容定員が設定されている場合
    人数の上限 5,000 人または収容定員の50%のいずれか大きい方かつ収容率の上限を50%(大声あり)または100%(大声なし)とすること。
  2. 収容定員が設定されていない場合
    大声ありのイベントは、十分な人と人との間隔(できるだけ2m、最低1m)を確保し、大声なしのイベントは人と人とが触れ合わない程度の間隔を確保すること。なお、大声ありのイベントについて、十分な人と人との間隔(できるだけ2m、最低1m)の維持が困難な場合は、開催について慎重に判断すること。

 その他の要請

  1.  催物等の開催については、「新しい生活様式」や業種別ガイドラインを遵守すること。
  2.  主催者は、イベントなどの開催に当たっては、その規模に関わらず、「三つの密」が発生しない席の配置や「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、イベントの開催中や前後における選手、出演者や参加者などに係る行動管理など、基本的な感染防止策を講じること。また、参加者名簿を作成して連絡先などを把握しておくこと。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

安全安心課 危機管理担当
〒816-8501
福岡県春日市原町3-1-5
市役所3階
電話:092-584-1111(代表)
ファクス:092-584-1143
安全安心課 危機管理担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク