新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給事業

ページ番号1008931  更新日 令和3年8月18日

新型コロナウイルス感染症による影響の長期化に伴い、都道府県社会福祉協議会が実施する総合支援資金の再貸付(以下「再貸付」)を受けた人などに対して、就労による自立などを目指した新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(以下「支援金」)を給付することになりました。

支給対象者

次の1~5に当てはまる人は支援金を受け取ることができる可能性があります。

  1. 都道府県の社会福祉協議会の貸付を利用したことがあり、次のどれかに当てはまる
  • 再貸付を受けていたが、すでに借入期間が終了している
  • 再貸付を受けて、11月までに借入が終了する
  • 再貸付を申し込んだが、不承認になった
  • 再貸付を申し込むために自立相談支援機関(「くらしサポートよりそい」)に相談したが、支援決定を受けることができず、申請ができなかった
  1. 世帯の家計を支えている(主たる生計維持者)
  2. 申請時点の世帯全員の収入合計と資産合計額が、次の表の額以下
(例)
世帯人数 収入額 資産合計額(※ 資産とは、預貯金や現金のこと)
1人世帯 113,000円

486,000円

2人世帯 161,000円

738,000円

3人世帯

198,100円

942,000円

4人世帯

235,100円

1,000,000円

  1. 職業訓練受講給付金を世帯全員が受け取っていない
  2. 次のどちらかに当てはまる
  • 公共職業安定所(ハローワーク)に求人申込をして、6カ月以上の就職を目指して仕事探しをしており、次のⅰ,ⅱ,ⅲの条件全てを了承する
  1. 月1回以上、自立相談支援機関(「くらしサポートよりそい」)の面接などの支援を受ける
  2. 月2回以上、公共職業安定所(ハローワーク)で職業相談などを受ける
  3. 原則として、週1回以上、求人先へ応募を行うか面接を受ける
  • 生活保護を申請中

自分が当てはまるかどうか、次の簡易チェックリストで確認することができます。

支給額など

世帯人数 支給額(月額)
1人世帯 60,000円

2人世帯

80,000円

3人以上世帯

100,000円

支給期間

3カ月間

申請方法など

郵送申請

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、受付は郵送申請のみとします。

〒816-8501 春日市原町3-1-5 

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金窓口 宛

申請期限

令和3年11月30日(火曜日)当日消印有効

※ 申請書は市役所、市男女共同参画センターじょなさん、春日市社会福祉協議会でも受け取ることができます。また、ダウンロードもできます。 

厚生労働省からの案内

厚生労働省が作成した申請手続きを支援する動画が厚生労働省動画チャンネルに掲載されていますので、活用してください。

制度についての問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金相談コールセンター

受付時間:午前9時から午後5時(平日のみ)

電話番号:0120-46-8030

手続についての問い合わせ先

春日市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金コールセンター

受付時間:午前9時から午後5時(平日のみ)

電話番号:0570-002285

ファクス:092-584-1181

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

人権男女共同参画課 人権男女共同参画担当
〒816-0806
福岡県春日市光町1-73
男女共同参画・消費生活センター内
電話:092-584-1201
ファクス:092-584-1181
人権男女共同参画課 人権男女共同参画担当へのお問い合わせは専用フォームへのリンク