現在位置

  1. トップページ
  2. まちの紹介
  3. まちのニュース
  4. 平成27年
  5. 11月1日号


まちのニュース(平成27年11月1日号)

最終更新日 平成28年4月1日

目次(リンクをクリックすると、掲載箇所へ移動します。)

春日市スポーツフェスタ

平成27年7月18日から10月4日にかけて、市民2,286人が参加して、春日市内各地でスポーツフェスタが行われました。春日野中学校体育館で行われた子ども会対抗綱引大会では、競技出場者だけでなく、応援者たちも力が入り、大いに盛り上がりました。

綱を引き合う子どもたちと応援者たちの写真
春日野中学校体育館で行われた子ども会対抗綱引大会

交通事故死ゼロを目指して 秋の交通安全県民運動

平成27年9月19日から30日は、子どもと高齢者の交通事故防止を目指す秋の交通安全県民運動期間です。この運動の一環として、市は、9月18日に、JR春日駅と西鉄春日原駅で交通安全の呼び掛けを行いました。

当日は、井上市長をはじめとする春日市職員、婦人会、春日警察署員が「交通事故を防止しましょう」、「飲酒運転を撲滅しましょう」と通勤通学者たちに声を掛けながら、啓発チラシと交通事故から身を守るための反射材を配布しました。

啓発物品を配る春日警察署員の写真
啓発物品を配る春日警察署員

末永 敬太さん ジャイカボランティアとしてガーナへ

末永 敬太(すえなが けいた)さん(平田台)が、JICA(ジャイカ)ボランティアとして、平成27年9月28日からガーナのタマレ市に派遣されました。

末永さんは、大学時代にけがで部活を辞めるという経験をしたことで、今までの自分がいかに恵まれた環境で育ってきたかということに気が付き、何か人の役に立つことがしたいと、今回のボランティアに参加しました。

昨年1年間、高校でパソコンの操作方法などを教えた経験を生かし、現地の職業訓練センターでは、ワードやエクセルを中心としたパソコン技術の指導や、指導者の育成などを行う予定です。

9月18日、出発の報告のために春日市役所を訪れた末永さんは「ガーナでしか経験できないことができるので楽しみ。不安もあるが早く慣れて楽しみたい」と出発前の心境を語りました。

末永敬太さんの写真
ガーナへの出発前に意気込みを語る末永さん

2000年前!?の文化を体験 弥生の里かすが 奴国の丘フェスタ

奴国の丘歴史資料館周辺は、今から2000年前に奴国の中心地があったとされ、須玖岡本遺跡は国指定史跡に指定されています。これらの歴史に触れ、知ってもらおうと、平成27年9月26日、奴国の丘歴史資料館と奴国の丘歴史公園で「弥生の里かすが 奴国の丘フェスタ2015」を開催。家族連れなど市内外約2,000人が参加し、にぎわいました。

フェスタでは、火起こしや勾玉(まがたま)作りを行う「奴国体感イベント」や、普段入れない資料館裏を見学する「バックヤードツアー」、クイズを解きながら周辺の遺跡を回る「奴国ラリー」など、盛りだくさんのイベントを行い、参加者たちは、熱心に勾玉を作ったり、興味深そうに復元作業室を見学したりしました。

また、メインステージで行われた「風の丘コンサート」では、「弥生の里かすが 奴国の丘フェスタ2015」のテーマ曲を作曲したオカリナ奏者の和田 名保子(わだ なおこ)さんやシンガーソングライターの河口 恭吾(かわぐち きょうご)さんのコンサートなどが行われ、多くの参加者たちは、歴史公園の芝生に座りながら、音楽に酔いしれていました。

まが玉を磨く参加者たちの写真
勾玉を丁寧に磨いてぴかぴかに

このページについての問い合わせ先

春日市役所 秘書広報課 広報広聴担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所5階
電話:092-584-1111(代表)
ファックス:092-584-1145
メールアドレス:koho@city.kasuga.fukuoka.jp