現在位置

  1. トップページ
  2. まちの紹介
  3. まちのニュース
  4. 平成27年
  5. 1月1日号


まちのニュース(平成27年1月1日号)

最終更新日 平成28年4月1日

目次(リンクをクリックすると、掲載箇所へ移動します。)

春日市商工会 21世紀商工会グランプリを受賞

顕著な実績を挙げている商工会などを顕彰(けんしょう)する平成26年度21世紀商工会グランプリ(全国商工会連合会主催)で、春日市商工会がグランプリに輝きました。

春日市商工会は、商工会会員の経営支援に特に力を入れています。多柱運営をスローガンに、半年に一度経営状況を見直す「管理会計」や、会社を立ち上げる支援を行う「創業支援」など、毎年一つずつ目標を定め、継続的に春日市商工会会員企業の経営基盤を強くするような支援を行っています。その結果、経営革新認定業者数が4年連続日本一となるなど、経営支援のすばらしさが評価され、全国約1,700団体の頂点に立ちました。

平成26年12月4日、受賞の報告に訪れた春日市商工会に対し市長は「経営基盤強化の根本に着目したことがすごいことです。春日市のシンボルですね」と祝辞を述べました。

受賞の報告に訪れた春日市商工会の皆さんの写真
受賞の報告に訪れた春日市商工会の皆さん

美脳トレーニングセミナーで健康維持

認知症を予防するための「美脳トレーニングセミナー」が、いきいきプラザで行われました。三根 小珠恵(みね こずえ)さん(介護福祉士)を講師に、平成26年10月20日から全4回実施。毎回30人前後の参加者が認知症についての講義や脳の若返りのための運動、工作を使った脳のトレーニングなどの実技に取り組みました。

参加した野田 勝秀(のだ かつひで)さんは「身内に90歳すぎの高齢者が多いため、自分が健康で世話をしていきたいと思い参加しました。ここで学んだことを参考に、お手玉やボール遊びを実践しています」と話しました。

厚生労働省白書によると、2025年には、国内の75歳以上の人数は約2,000万人で、人口の5人に1人にもなるそうです。今後、ますます健康維持は大切になります。いきいきプラザでは、他にもさまざまな健康講座が行われていますので、皆さんもぜひ参加してみませんか。

真剣にクラフト作品づくりをする受講者の様子の写真
真剣にクラフト作品づくりをする受講者

兄弟そろって出場 全日本フルコンタクトテコンドー大会

平成26年11月29日、井藤 優貴(いとう ゆうき)さん(春日野中3年)、と大貴(だいき)さん(春日野中2年)の兄弟が、東京後楽園ホールで行われた第25回全日本フルコンタクトテコンドー大会に出場し、兄の優貴さんは組み手の部で4位、弟の大貴さんは型の部で4位の好成績を収めました。

この大会は、黒帯を所持し、地区大会での優勝が出場の条件という厳しいものです。全国から約100人の強豪が出場する中、兄弟そろっての上位の成績となりました。試合を終え初出場の優貴さんは「次は日本一を目指します。今の目標は、(現在教えてもらっている)先生を倒すこと」と笑顔で意気込みを語り、今回2度目の出場となった弟の大貴さんは「試合は緊張した。来年は、3年連続でこの大会に出場し、3位以上に入りたい」と決意を新たにしました。

井藤優貴さん大貴さんと井上市長の写真
11月27日全国大会出場の報告のため春日市役所を訪れた優貴さん(右)と大貴さん

試合に臨む優貴さんの写真
試合に臨む兄の優貴さん(右)

このページについての問い合わせ先

春日市役所 秘書広報課 広報広聴担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所5階
電話:092-584-1111(代表)
ファックス:092-584-1145
メールアドレス:koho@city.kasuga.fukuoka.jp