現在位置

  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 職員募集・インターンシップ/平成29年度春日市職員採用試験案内[一般事務(大卒程度)、保健師、保育士、文化財技師]


平成29年度春日市職員採用試験案内[一般事務(大卒程度)、保健師、保育士、文化財技師]

最終更新日 平成29年4月28日

平成29年度春日市職員採用試験[一般事務(大卒程度)、保健師、保育士、文化財技師]の申込受付を開始しました。

受験申込みは、平成29年度春日市職員採用試験電子申請(https://business.form-mailer.jp/fms/65edfdc769681)《外部サイト》新しいウインドウが開きますから行ってください。

※ 申込受付期間は、平成29年5月8日(月曜日)〜5月24日(水曜日)です。

1 試験区分および採用予定人員

試験の区分および採用予定人員
試験区分 採用予定人員 職務の概要
一般事務(大卒程度) 4人 主として一般行政事務に従事します。
保健師 1人 主として保健師の業務に従事します。
保育士 2人 主として保育士の業務に従事します。
文化財技師 1人 主として文化財の発掘、調査などの業務に従事します。

※ 採用予定人員は、変更になる場合があります。

※ 今年度は、高卒程度の試験(平成9年4月2日以降に生まれた人を対象)は実施しない予定です。

※ 試験区分の「大卒程度」とは、試験の程度を示すものであり、学歴により受験を制限するものではありません。

2 受験資格

受験資格
試験区分 受験資格
一般事務(大卒程度) 昭和61年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた人
保健師 昭和61年4月2日以降に生まれた人で、保健師および看護師の資格を有する人または平成30年3月31日までに資格を取得見込みの人(資格が取得されなかった場合は採用はなし)
保育士 昭和61年4月2日以降に生まれた人で、保育士の資格を有する人または平成30年3月31日までに資格を取得見込みの人(資格が取得されなかった場合は採用はなし)
文化財技師 昭和61年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた人で、考古学に関する専門知識を有する人
  • 地方公務員法第16条各号のいずれかに該当する人は、受験できません。
    • 成年被後見人又は被保佐人(民法改正の経過措置としての準禁治産者を含む。)
    • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
    • 春日市において懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
    • 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、地方公務員法第60条から第63条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者
    • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
  • 日本国籍を有しない場合で、法令により就職が制限される在留資格の人は、受験できません。

3 試験の方法

試験の方法
区分 試験区分および対象者 試験種目 内容
第1次試験 全区分の受験者全員 面接試験 集団面接による口述試験
第2次試験 全区分の第1次試験合格者 総合能力試験 SPI3による能力検査(言語的理解、数量的処理、論理的思考など)および性格検査
※ 性格検査は、第3次試験および第4次試験における面接試験の参考資料とします。
第3次試験 全区分の第2次試験合格者 面接試験 集団面接による口述試験
文化財技師の第2次試験合格者 専門試験 考古学に関する専門知識などの能力についての記述式および実技による筆記試験
第4次試験 全区分の第3次試験合格者 論文試験 文章による表現力、文章構成力、知識などの能力についての筆記試験
面接試験 個別面接による口述試験
(注意)
  1. 試験は全て日本語による出題・質問で、それに対する解答・応答も全て日本語で行います。また、点字および拡大文字による試験は行いません。
  2. 第2次試験以外の試験の説明、開始および終了の指示は、口頭により行います。
  3. 計算機能や翻訳機能付きの時計などの使用は禁止します。また、携帯電話を時計として使用することも禁止します。
  4. 文化財技師の第3次試験については、実技(実測)試験で使用するため、三角定規、コンパス、ディバイダー、キャリパーおよび鉛筆を試験当日に持参してください。なお、マコは使用しないこととします。

4 試験の日程、会場および合格発表

試験の日程、会場および合格発表
区分 試験日程 試験区分 会場 合格発表
第1次試験
  • 平成29年7月1日(土曜日)
    または平成29年7月2日(日曜日)
  • 予備日:平成29年7月8日(土曜日)

※ 受験申込者数が一定以上となった場合は、予備日にも試験を実施します。

※ 脚注4を参照してください。

全区分

春日市総合スポーツセンター(福岡県春日市大谷6-28) 7月13日(木曜日)
第2次試験 受験依頼メールで指定した日から平成29年7月31日(月曜日)までの期間のうち、受験者が選択する日時

※ 脚注5を参照してください。

※ 詳細は、第1次試験合格者に電子メールで通知します。

全区分 受験者が選択するテストセンター(博多駅博多口会場など全国の指定会場) 8月上旬(予定)
第3次試験 平成29年8月下旬(予定)
※ 詳細は、第2次試験合格者に文書で通知します。
全区分 春日市役所(福岡県春日市原町3-1-5) 9月上旬(予定)
第4次試験 平成29年9月中旬(予定)

※ 詳細は、第3次試験合格者に文書で通知します。

全区分 春日市役所 10月中旬(予定)

(注意)

  1. 合格発表については、春日市役所本庁前掲示板に合格者の受験番号のみ掲示します。また、春日市ウェブサイトにおいても発表します。ウェブサイトへの掲載は午後1時ごろまでに行う予定です。
  2. 合否および合格発表時刻についての電話での問い合わせには、お答えしませんので、ご了承ください。
  3. 第1次試験については、合格者のみ電子メールで通知します。また、第2次試験から第4次試験までについては、合格者のみ文書で通知します。ただし、電子メールまたは文書が不着または延着となる場合があるので、必ず本庁前掲示板か春日市ウェブサイトで確認してください。
  4. 第1次試験の受験日時は、春日市ウェブサイトに掲載して指定します。日時の希望は一切受け付けられません。
  5. 第1次試験の合格者には、第2次試験(総合能力試験)受験依頼の電子メールを送付しますので、同メールの指示に従い、自宅などのパソコンまたはスマートフォンで「性格検査」を受験した後、都合の良い日時およびテストセンター会場を予約し、「能力検査」を受験してください。なお、「能力検査」の受験予約は、「性格検査」が完了するまで確定されませんので注意してください。その他総合能力試験の受験方法、会場などの詳細については、SPIテストセンター受検の手引き ~はじめて受検する方へ~ | SPI3 リクルートの適性検査(http://www.spi.recruit.co.jp/examinee/)《外部サイト》新しいウインドウが開きますで 確認してください。
  6. 第2次試験の合格者には、第3次試験および第4次試験に使用する事前提出書類を合格通知に同封し、簡易書留で郵送します。通知文書を早めに受け取り、内容を確認してください。
  7. 第1次試験から第3次試験の合格者は、発表の日から3日経過しても電子メールまたは合格通知が届かない場合、人事法制課人事担当へ問い合わせてください。

5 受験手続き

手続内容に不備がある場合は、受験申し込みを受け付けられませんので注意してください。

事前準備

  1. パソコンまたはスマートフォンを準備してください。
    • 受験手続および第2次試験の「性格検査」に使用します。スマートフォン以外の携帯電話は使用できませんので注意してください。なお、一部機種については使用できない場合があります。
    • 使用できるパソコンおよびスマートフォンを持っていない人は、学校で生徒用に開放されているパソコンやインターネットカフェのパソコンなどを利用してください。これによることができない場合は、情報公開コーナー(春日市役所2階)に、無料で使用できるパソコンを設置しています。利用を希望する場合は、事前に人事法制課人事担当に問い合わせてください。
  2. スマートフォンを利用する人は、「@city.kasuga.fukuoka.jp」のドメインから送付される電子メールが受信できるように設定してください。また、パソコンから送付される電子メールが受信できるように設定してください。
    • スマートフォンの設定方法については、各自で確認してください。
    • 電子メールの設定不備や通信障害などについては、本市では一切の責任を負いかねます。

手続き1 電子申請(インターネットによる申し込み)

[受付期間]

平成29年5月8日(月曜日)〜5月24日(水曜日)

※ 期間中は24時間いつでも申請することができます。

[申請の流れ]
  1. 受験申し込みは、平成29年度春日市職員採用試験電子申請(https://business.form-mailer.jp/fms/65edfdc769681)《外部サイト》新しいウインドウが開きますから行ってください。
  2. 申し込み完了後、「[到達通知]平成29年度春日市職員採用試験申込」メールが届きます。メール内には、「到達番号」が表示されています。受験番号の確認に必要ですので、必ず番号を控えてください。
[注意事項]
  • 申し込みは、1人につき1つの試験区分のみです。また、申し込み後に試験の区分を変更することはできません。
  • 受付期間の最終日には、回線の混雑が予想されますので、時間に余裕を持って申し込んでください。受付期間内に正常に受信できなかった申し込みは受け付けられません。
  • 入力項目の中に自己PR欄(字数制限400字以内)がありますので注意してください。
  • メールアドレスとしてフリーメールも使用できますが、迷惑メールフィルタにより、意図しないフォルダなどに電子メールが振り分けられることがありますので注意してください。
  • 申し込みから1時間経過しても「[到達通知]平成29年度春日市職員採用試験申込」メールが届かない場合は、人事法制課人事担当に問い合わせてください。

手続き2 受験票および写真票の作成

次の方法で作成し、受験票と写真票を切り離して、第1次試験当日に持参してください(受験票および写真票は郵送しない)。

(1)受験票
  • 「平成29年度春日市職員採用試験受験票」を使用してください。
  • 平成29年6月1日(木曜日)に、同ページ上部に掲載する「平成29年度春日市職員採用試験受験番号等確認表」で自分の到達番号を検索し、受験票に「受験番号」、「面接番号」、「第1次試験日時」を記入してください。
  • 裏面の「受験票記入に当たっての注意事項」および記入例をよく確認して記入してください。
(2)写真票
  • 「平成29年度春日市職員採用試験写真票」を使用してください。
  • 裏面の記入例をよく確認して記入し、6カ月以内に撮影した写真を貼り付けてください。

試験案内、受験票、写真票の入手方法

次の1〜3のいずれかの方法で入手できます。

  1. 春日市ウェブサイトからダウンロード

    ※ 受験票および写真票の様式は、A4サイズの白色用紙(感熱紙不可)に両面で印刷し、前述のとおり作成してください。

  2. 郵便で請求(請求先:人事法制課人事担当)
    • 請求する封筒の表に「試験案内請求」と朱書きしてください。
    • 返信用封筒(角2号封筒(横24センチメートル、縦33センチメートル)に140円切手を貼り宛先を明記する)を同封してください。
    • 締切間近の場合は、速達(返信用封筒も速達)で請求してください。
    • 2部以上請求する場合は、封筒の表に「試験案内2部請求」などと朱書きで必要部数を明記してください。返信用封筒には、必要部数に応じた金額の切手を貼ってください(試験案内はA4サイズで1部約45グラム)。
  3. 直接受領
    • 配布場所は、人事法制課人事担当(春日市役所5階)、西出張所、ふれあい文化センター(図書館、社会教育課、文化振興課)、奴国の丘歴史資料館です。

6 試験結果の開示

この試験の結果については、春日市個人情報保護条例第11条の規定に基づき、受験者本人が開示請求をすることができます。開示請求をする場合は、受験番号などの確認に必要なため、受験票を持参してください。

7 合格から採用まで

最終合格者(第4次試験合格者)は、試験区分ごとに採用候補者名簿に登載され、平成30年4月1日から平成31年3月31日までに職員の補充が必要な場合に採用される予定です。ただし、採用後の原則6カ月間は条件付採用期間となります。

8 日本国籍を有しない人を採用する場合について

日本国籍を有しない人が、職員として採用された場合は、公権力の行使に該当する業務に従事する職及び公の意思形成へ参画する職に任命することが制限されます。

なお、その他の処遇などについては、国籍により差をつけることはありません。

※ その他不明な点などあれば、人事法制課人事担当へ問い合わせてください。

[公権力の行使に該当する業務]
  • 市が義務や負担を課す内容を含む業務
  • 関係者の権利や自由を制限する内容を含む業務
  • 関係者に対して強制力をもって執行する内容を含む業務
    (例)市税の賦課、督促および滞納処分、生活保護の決定および立入調査など
[公の意思形成への参画]

政策の総合企画、予算編成など施策決定などに関与し、権限をもって意思決定を行うこと(専決権をもった課長級以上の職)。

9 試験の実施結果(平成26年度から平成28年度まで)

平成26年度試験の実施結果
試験の区分 採用予定人員
(当初募集人員)
第1次試験
受験者数
第1次試験
合格者数
第2次試験
合格者数
採用者数
一般事務A 7人 376人 47人
(8.0倍)
25人
(1.9倍)
10人
(37.6倍)
一般事務B 1人 17人 6人
(2.8倍)
5人
(1.2倍)
1人
(17.0倍)
一般事務C
(身体障がい者対象)
1人 3人 0人
(-)
0人
(-)
0人
(-)
土木 3人 19人 13人
(1.5倍)
7人
(1.9倍)
3人
(6.3倍)
建築 2人 25人 11人
(2.3倍)
6人
(1.8倍)
3人
(8.3倍)
保育士 1人 16人 6人
(2.7倍)
3人
(2.0倍)
1人
(16.0倍)
合計 15人 456人 83人
(5.5倍)
46人
(1.8倍)
18人
(25.3倍)
平成27年度試験の実施結果
試験の区分 採用予定人員
(当初募集人員)
第1次試験
受験者数
第1次試験
合格者数
第2次試験
合格者数
採用者数
一般事務A 4人 384人 60人
(6.4倍)
18人
(3.3倍)
7人
(54.9倍)
一般事務B 1人 22人 8人
(2.8倍)
3人
(2.7倍)
1人
(22.0倍)
一般事務C
(身体障がい者対象)
1人 13人 3人
(4.3倍)
2人
(1.5倍)
1人
(13.0倍)
土木 2人 28人 11人
(2.5倍)
6人
(1.8倍)
2人
(14.0倍)
保健師 1人 23人 8人
(2.9倍)
4人
(2.0倍)
2人
(11.5倍)
合計 9人 470人 90人
(5.2倍)
33人
(2.7倍)
13人
(36.2倍)
平成28年度試験の実施結果
試験の区分 採用予定人員
(当初募集人員)
第1次試験
受験者数
第1次試験
合格者数
第2次試験
合格者数
採用者数
一般事務(大卒程度) 5人 759人 438人
(1.7倍)
68人
(6.4倍)
7人
(108.4倍)
一般事務(高卒程度) 1人 12人 3人
(4.0倍)
1人
(3.0倍)
1人
(12.0倍)
建築(大卒程度) 1〜2人 12人 10人
(1.2倍)
8人
(1.3倍)
2人
(6.0倍)
建築(高卒程度) 1人 3人 0人
(-)
0人
(-)
0人
(-)
保育士 2人 46人 38人
(1.2倍)
12人
(3.2倍)
2人
(23.0倍)
合計 10〜11人 832人 489人
(1.7倍)
89人
(5.5倍)
12人
(69.3倍)

※ 「第1次試験合格者数」および「第2次試験合格者数」欄のカッコ内の数字は、それぞれの試験の受験者数に対する合格者の倍率です。また、「採用者数」欄のカッコ内の数字は、第1次試験受験者数に対する採用者の倍率です。

※ 平成27年度以前については、試験の実施方法(区分の名称、試験種目、日程など)が平成28年度以降と異なります。

11 勤務条件・待遇など

※ 勤務条件・待遇などは平成29年3月31日現在のものであり、今後変更される場合があります。

※ この他に、職員の平均年齢や平均給料月額、育児休業取得者数などについては春日市ウェブサイト | 職員給与・職員数を確認してください。

勤務条件

[初任給]

大学卒196,000円程度、短大卒177,800円程度、高校卒165,500円程度

※ 学歴、職歴などにより加算される場合があります。

※ 地域手当(10パーセント)を含みます。

[諸手当]

期末・勤勉手当(4.30月分)、扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当などの諸手当が、それぞれの要件に応じて支給されます。

[勤務時間]

原則として、午前8時30分から午後5時まで(途中45分の休憩時間)

※ 職場によって異なる場合があります。

[休日など]

土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

※ 職場によって異なる場合があります。

[休暇]

年次有給休暇(20日間)、病気休暇、特別休暇(夏季、結婚、忌引、産前・産後、子の看護、介護などによるもの)、その他

[その他の制度]

育児休業(最長3年)、育児短時間勤務、部分休業、早出遅出勤務など、職員が仕事と家庭、子育てを両立できるような制度が充実しています。

福利厚生

[健康管理]

定期健康診断や歯科健診、メンタルヘルス対策など、心身ともに健康な状態で勤務できるよう、職員の健康管理に努めています。

[共済組合]

福岡県市町村職員共済組合に加入します。共済組合では、短期給付事業(病気や休業などの際の給付)や長期給付事業(年金など)、福祉事業(健康づくり講座や脳ドック助成、貯金、貸付など)を行っています。

[職員互助会]

職員同士の親睦を図る事業や貸付事業、クラブ活動などへの助成などを行っています。その他、結婚、出産、入院などの際に給付を行う事業などを実施しています。

採用後のサポート

[研修]

採用されてすぐに、職員としての基礎知識、技術や接遇などを身に付けるための「新規採用職員研修」を約3週間にわたり実施し、円滑に職場での勤務がスタートできるように支援しています。また、その後も階層別研修、テーマ別研修、外部機関への派遣研修などを随時実施し、高い能力と意欲を持った人材の育成を図っています。

[ジョブコーチ制度]

採用1年目の間、実務指導や日頃からの相談相手として、同じ職場の先輩職員1名をジョブコーチ(指導担当職員)に指定しています。ジョブコーチと上司を中心に、職場全体を挙げて、新規採用職員の成長をサポートします。

[その他クラブ活動など]

自主研究会での活動や、次のようなクラブ活動など、仕事以外でも職員相互の交流を深めています。

野球・サッカー・バドミントン・バレー・バスケ・卓球・ボウリング・囲碁・軽音楽・釣り他

関連情報

平成29年度職員採用試験ポスター クリックすると平成29年度 春日市職員採用試験(全ページ、PDF版)に移動します。

このページについての問い合わせ先

春日市役所 人事法制課 人事担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所5階
電話:092-584-1130
ファックス:092-584-1145
メールアドレス:jinji@city.kasuga.fukuoka.jp