現在位置

  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 平成30年度 施政方針
  4. 4 快適な都市整備


4 快適な都市整備

最終更新日 平成30年3月22日

第4に、「快適な都市整備」の実現に向けた、まちづくりの指針に関する考えについて、申し上げます。

4-1 良好な住環境の確保

まず、「良好な住環境の確保」についてであります。

快適で安全な住みよいまちで生活することは、市民共通の願いです。また、地域におけるまちづくりは、市民の発意と合意を基本としながら、市民と行政の連携と分担のもと実現されるものと考えております。

これまでに引き続き、都市計画の基本的な方針を示す「改訂 都市計画マスタープラン」に基づき、魅力と活力にあふれるまちづくりに取り組んでまいります。

また、土地の面積や境界を明確にするための地籍調査業務につきましては、引き続き光町地区および宝町地区を実施し、新たに大和町地区に着手いたします。

市営住宅につきましては、平成23年度から建替事業に取り組んでおり、平成30年度は、若草市営住宅、欽修市営住宅、大和市営住宅の3事業を計画的に進めてまいります。

4-2 交通体系の整備

次に、「交通体系の整備」についてであります。

現在、福岡県事業として進められている「那珂川宇美線下白水西工区整備事業」及び「長浜太宰府線須玖北工区整備事業」につきましては、早期事業完了に向けて、福岡県と連携し取り組んでまいります。

福岡筑紫野線につきましては、福岡市境の交差点における交通渋滞の解消のため、県が平成28年度から着手している「須玖北1丁目交差点改良事業」の早期完了に向けて、福岡県と連携し取り組んでまいります。

一般市道につきましては、快適な交通環境形成のための道路改良や雨水排水能力の向上、そして歩行者などの安全な道路空間形成のための側溝や歩道などの整備に努めてまいります。

福岡県事業「西鉄天神大牟田線連続立体交差事業」につきましては、慢性的な交通渋滞、市街地の分断、踏切事故などの諸問題の解消に向けて、関係機関と連携し、平成33年度末の完成を目指してまいります。

この福岡県事業と並行して進めております「西鉄春日原駅周辺整備事業」につきましては、引き続き駅前広場および都市計画道路の用地取得を進め、交通環境の改善と、にぎわいを形成する空間の基盤づくりに向けて、事業の推進に努めてまいります。

交通安全の確保につきましては、高齢者および子どもの安全確保、歩行者および自転車の安全確保、飲酒運転撲滅の重点施策を推進するなど、交通事故件数を1件でも多く減らすための啓発事業を展開するとともに、通学路安全点検の実施による通学路の安全性向上を図ってまいります。

コミュニティバス「やよい」につきましては、春日市内の公共施設、医療機関、商業施設などを循環する身近な交通手段として、その利便性の向上を図るため、引き続き、市民の皆さまのご意見やご要望をいただきながら改善に努めてまいります。

4-3 憩いの空間整備

次に、「憩いの空間整備」についてであります。

春日市には、白水大池公園や福岡県営春日公園、親水公園など、豊かな水や緑を身近に感じられる公園が多数あり、市民にとっての身近な憩いの場となっております。今後も、誰もが気持ちよく公園を利用できるよう、利用者のモラル向上を促す啓発を行い、公園愛護意識の向上を図ってまいります。

また、各地区の公園につきましては、「公園施設長寿命化計画」に基づき、遊具および施設の安全な維持管理に努めてまいります。

4-4 防災体制の充実

次に、「防災体制の充実」についてであります。

平成29年7月の九州北部豪雨をはじめ、近年の想像を超える規模の自然災害の発生により、市民の防災意識が高まっています。

このような中、市民が自ら災害から身を守る「自助」、地域社会がお互いを守る「共助」、そして行政が施策として行う「公助」の適切な関係を構築し、防災協働社会の実現を目指すべく、自主防災組織の活性化のための積極的な支援や、消防団活動の充実を図るとともに、関係機関との連携強化に一層努めてまいります。

また、「春日市地域防災計画」に基づき、災害に強い防災体制の確立や災害に強い都市構造の形成の推進に努めるとともに、全戸に配付している防災ガイドブック、浸水ハザードマップ、地震ハザードマップを活用しながら、市民の防災知識や防災力の向上にも努めてまいります。

4-5 上下水道の維持・保全

次に、「上下水道の維持・保全」についてであります。

上水道事業につきましては、春日那珂川水道企業団が実施する水の安定供給の取り組みに対し、連携・協力を図ってまいります。

下水道施設の維持管理につきましては、老朽化に伴う事故や機能低下を未然に防止するとともに、施設機能を保持するため、「ストックマネジメント計画」に基づき、計画的かつ効率的な維持管理を推進してまいります。

汚水施設におきましては、老朽化した管路の改築に向けた実施設計を行い、雨水施設におきましては、平成29年調査を行った管渠(かんきょ)の修繕改築計画を策定するなど、施設の適切な維持管理を図ってまいります。

浸水被害対策につきましては、小倉第2雨水貯留施設の整備や雨水排水路の改良などにより、近年、増加傾向にある局所的な集中豪雨に伴う雨水流出が抑制されております。

引き続き、小倉第1雨水幹線等の雨水排水路について、流下能力不足の解消を図るための改良を行い、浸水被害の軽減に努めてまいります。

また、春日市内のため池のうち5カ所においては、水利組合のご協力を得て、引き続き水位調整をさせていただき、豪雨時の流出抑制を図ってまいります。

このページについての問い合わせ先

春日市役所 経営企画課 企画担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所5階
電話:092-584-1133
ファックス:092-584-1145
メールアドレス:kikaku@city.kasuga.fukuoka.jp