現在位置

  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 市政・市民参画/かすがふるさと応援寄付金(ふるさと納税)について
  4. 寄付金の実績・活用事例


寄付金の実績・活用事例

最終更新日 平成29年9月28日

平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)のふるさと納税の寄付金の状況やその使いみちについて報告し、寄付をいただいた皆さまへあらためてお礼申し上げます。

1 平成28年度実績・活用事例

(1)若い世代の結婚から子育てまでの希望がかなうまちづくり

平成28年度実績・活用事例
実施した事業例 寄付件数 寄付金額
  • 放課後児童クラブ舎1棟を建設し、働きながら子育てがしやすい環境を整備しました。
  • 不妊に悩む夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療に要する費用の一部を助成しました。
  • 子どもの医療費自己負担分の一部を支給することにより、健康の保持および福祉の増進を図りました。
  • 保育所を適切に管理・運営することで、充実した保育環境の維持を図りました。
13,986件 136,880,000円

(2)九州で最も住みやすい魅力あるまちづくり

平成28年度実績・活用事例
実施した事業例 寄付件数 寄付金額
  • 子どもたちが安心して学校生活を送ることができるように、学校施設の計画的な整備を行い、教育環境の確保を図りました。
  • 春日市内を巡回するコミュニティバスを運行することで、春日市内の公共、公益施設へのアクセス向上、バス路線の空白地帯の解消、高齢者や障がい者の社会参加の支援などを図りました。
  • 福岡県が施行する西鉄天神大牟田線連続立体交差事業にあわせて、市街地整備を促進し、賑わいのある市民交流空間、商業拠点および街並みを形成に向けた環境づくりを目指した取り組みを実施しました。
  • 福岡県が施行する西鉄天神大牟田線連続立体交差事業に対する地元負担金を支出することで事業の推進を図りました。
4,170件 40,830,000円

(3)超高齢・人口減少社会に対応した持続可能なまちづくり

平成28年度実績・活用事例
実施した事業例 寄付件数 寄付金額
  • 地域の活動拠点である公民館の長寿命化、バリアフリー化を重点とした改修を計画的に実施することで、安全で利用しやすい施設づくりを行いました。
  • まちづくり交付金を自治会に交付することで、住民による主体的なまちづくり活動を促進し、住民の連帯意識の向上および地域コミュニティの活性化を図りました。
  • 高齢者福祉サービスの実施や、低所得高齢者向け住宅改造費の補助などを行うことで、高齢者が地域で安心して暮らすことができる環境を整備しました。
  • 高齢者の交流、生きがいづくりなどの場である高齢者福祉センター(ナギの木苑)を運営することで、高齢者福祉の向上を図りました。
3,594件 35,300,000円

(4)市長おまかせコース

平成28年度実績・活用事例
実施した事業例 寄付件数 寄付金額
  • 児童生徒の教育環境の改善・向上を図るため、小中学校の普通教室に空調を設置する事業を着手しました。
  • 待機児童を解消するため、保育所の施設整備(増改築)に対する補助を行い、保育の受入枠を拡大しました。
  • 公園施設の、適切な修繕や計画的な改築更新を行い、快適な公園利用環境を整備しました。
  • 日中に保護者が就労をしている場合などに、病気の児童の一時的な保育を行うことで、安心して子育てができる環境を確保しました。
  • 休日・急患診療の助成などを行うことで、医療福祉の向上を図りました。
  • 障がい者の自立支援の施設である福祉ぱれっと館を適正に管理することで、障がい者福祉の維持向上を図りました。
  • 老朽化している道路ストック(施設)の詳細の調査、補修工事を行うことで、適切な道路ストック(施設)の維持管理を行いました。
  • スクールソーシャルワーカーや、不登校専任教員の配置を行うことで、不登校児童生徒や保護者の支援を行いました。
  • 不登校の状態にある児童生徒の学校復帰を支援する施設である教育支援センターで、児童生徒の登校の促進や教育および卒業後の進路の確保を図りました。
  • 集団での学習活動などが困難な状況にある学級および障がいがあることや心理的な理由などにより個別の指導・支援が必要な児童生徒に対し、学級運営・学習活動などの支援を行うため、サポートティーチャーおよび特別支援教育支援員を配置しました。
  • 文化振興の拠点施設であるふれあい文化センターが老朽化していることから、設備機器などの改修を行い、快適な利用環境を整備しました。
  • 歴史講座、各種体験教室および特別展示などの事業を通じて、春日市民に対して歴史や文化財に関する学習の場を提供するとともに、春日市民の文化財に対する理解と関心を深めました。
  • 平成28年に開館した総合スポーツセンターを春日市民により親しんで利用してもらうように施設のPRなどを行いました。また、総合スポーツセンターおよびその他春日市内スポーツ施設の適正な管理を行いうことで、春日市民のスポーツ・運動の振興を行いました。
49,054件 481,995,000円

このページについての問い合わせ先

春日市役所 経営企画課 企画担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所5階
電話:092-584-1133
ファックス:092-584-1145
メールアドレス:kikaku@city.kasuga.fukuoka.jp