現在地

  1. トップページ
  2. 遺跡・発掘情報
  3. 遺跡情報
  4. 大谷遺跡

大谷遺跡

最終更新日 平成27年3月26日

大谷遺跡
大谷遺跡

大谷(おおたに)遺跡は、須玖岡本遺跡群の範囲の南端を示す遺跡で、弥生時代中期を主体とする竪穴(たてあな)住居跡が100軒近く発見されています。注目されるのは、丘陵尾根を大きく削り、さらに削った土砂で斜面側を盛って、集落を営む平坦面を拡大するという造成工事を行っていることです。

さらに、滑石(かっせき)製の銅剣・銅矛・銅鐸(どうたく)の鋳型(いがた)が出土しており、福岡平野では古式の鋳型です。

[場所]

福岡県春日市大谷4丁目

[リンク]

ページの先頭へ戻る