現在地

  1. トップページ
  2. 遺跡・発掘情報
  3. 遺跡情報
  4. 西方遺跡

西方遺跡

最終更新日 平成27年3月26日

西方遺跡出土銅矛
西方遺跡出土銅矛

春日丘陵の北西部の小丘陵で、1961(昭和36)年にブルドーザーで造成中に銅矛10本が土中から偶然発見されたことから、西方(にしかた)遺跡は、弥生時代後期の青銅器の一括埋納(いっかつまいのう)遺跡と考えられます。

長さ1メートル、幅40センチメートル、深さ20~30センチメートルの長方形の掘り込み中に矛の切先を上下にして横に重ねて埋められていたようです。

[場所]

福岡県春日市小倉4丁目

[リンク]

ページの先頭へ戻る