現在地

  1. トップページ
  2. 遺跡・発掘情報
  3. 遺跡情報
  4. 中白水遺跡

中白水遺跡

最終更新日 平成27年3月26日

中白水遺跡
中白水遺跡

中白水(なかしろうず)遺跡は、春日西部の那珂川・梶原(かじわら)川の中位段丘上に広がる弥生時代から近世までの複合遺跡です。また、周辺の旧家や白水八幡宮の付近には中世以降の板碑(いたび)などの石塔が多数残っています。

遺跡周辺は、中世の白水荘(しろうずのしょう)の故地(こち)と推定されており、1982、83(昭和57、58)年の発掘調査で武士の館跡が発見されています。四方を堀で囲んだ屋敷の内側は建物跡の柱穴が多数確認されています。国内外の陶磁器が多量に発見されています。

[場所]

福岡県春日市上白水6丁目

[リンク]

ページの先頭へ戻る