現在地

  1. トップページ
  2. 遺跡・発掘情報
  3. 遺跡情報
  4. 門田遺跡

門田遺跡

最終更新日 平成27年3月26日

門田遺跡
門田遺跡

門田(もんでん)遺跡は、春日市南西部にあり、那珂川・梶原(かじわら)川右岸の中位段丘上にある遺跡です。旧石器時代から近世までの複合遺跡です。縄文時代の遺跡では草創期の爪形文(つめがたもん)土器、弥生時代の遺跡では甕棺墓(かめかんぼ)から鉄戈(てつか)、鉄剣などが発見されています。また、ドングリの貯蔵穴も確認されています。

このほか、古墳や中世の掘立柱(ほったてばしら)建物跡、製鉄炉跡なども確認されています。

[場所]

福岡県春日市上白水7丁目

[リンク]

ページの先頭へ戻る