現在地

  1. トップページ
  2. 遺跡・発掘情報
  3. 遺跡情報
  4. 春日公園内遺跡

春日公園内遺跡

最終更新日 平成27年3月26日

春日公園内遺跡から鴻臚館方面を望む
春日公園内遺跡から鴻臚館方面を望む

春日公園内遺跡は、1978(昭和53)年に県営春日公園の建設で発掘調査され、公園の南部で両側に側溝をもつ幅約9メートルの直線の道路状の遺構が長さ200メートル以上に渡って確認されました。道路跡は数種類の土砂でガチガチに固められていました。

水城(みずき)の西門を通過し、鴻臚館(こうろかん)へと通じる官道(かんどう)と推定されています。

[場所]

福岡県春日市原町3丁目

[リンク]

ページの先頭へ戻る