現在地

  1. トップページ
  2. ギャラリー
  3. 指定文化財一覧
  4. 寺田池北遺跡出土鉄矛

寺田池北遺跡出土鉄矛

最終更新日 平成27年3月26日

鉄矛が出土した様子の写真
寺田池北遺跡出土鉄矛

[読み方]

てらだいけきたいせきしゅつどてつほこ

[区分]

市指定 有形文化財

[指定年月日]

平成18年1月25日

[所蔵場所]

春日市奴国の丘歴史資料館(福岡県春日市岡本3-57)

[概要]

下白水に所在する寺田池北畔の寺田池北遺跡23号甕棺(かめかん)内(弥生時代中期末)で出土したものです。この鉄矛は全長30センチメートルほどで、完全な形で残っていた良好な資料です。日本では飯塚市立岩(たていわ)遺跡などでも発見されていますが、形態的な特徴からみると朝鮮半島北部の龍淵洞(ヨンヨンドン(りゅうえんどう))遺跡出土資料と類似することから、楽浪郡(らくろうぐん)付近で製作され、もたらされた可能性が高いようです。

ページの先頭へ戻る