現在地

  1. トップページ
  2. ギャラリー
  3. 指定文化財一覧
  4. 須玖坂本B遺跡出土漢式鏃

須玖坂本B遺跡出土漢式鏃

最終更新日 平成27年3月26日

かんしきぞくの写真
須玖坂本B遺跡出土漢式鏃

[読み方]

すぐおかもとびーいせきしゅつどかんしきぞく

[区分]

市指定 有形文化財

[指定年月日]

平成18年1月25日

[所蔵場所]

春日市奴国の丘歴史資料館(福岡県春日市岡本3-57)

[概要]

春日北小学校内の須玖坂本B遺跡3次調査で出土した青銅製の鏃です。横断面が三角形を呈し、矢柄(やがら)が鉄製であることから国産ではなく、朝鮮半島にあった楽浪郡(らくろうぐん)を経由して我が国にもたらされた可能性が高いです。日本国内で漢式鏃は10例発見されていますが、断面が三角形を呈するタイプでは5例目となります。なお、出土した土器片から弥生時代後期に廃棄されたとみられます。

ページの先頭へ戻る