現在地

  1. トップページ
  2. ギャラリー
  3. 指定文化財一覧
  4. 松添遺跡出土後漢鏡

松添遺跡出土後漢鏡

最終更新日 平成27年3月26日

割れているごかんきょうの写真
松添遺跡出土の後漢鏡片

[読み方]

まつぞえいせきしゅつどごかんきょう

[区分]

市指定 有形文化財

[指定年月日]

平成18年1月25日

[所蔵場所]

春日市奴国の丘歴史資料館(福岡県春日市岡本3-57)

[概要]

小倉東の松添遺跡の中世水田を覆っていた砂層から、方格規矩四神鏡(ほうかくきくししんきょう)と内行花文鏡(ないこうかもんきょう)の2面が出土しました。これらの鏡を観察したところ、本来は2種類の鏡が割れた状態で重なっていたことがわかるので、もともと近くにあった墳墓に副葬されていたものだと考えられます。方格規矩四神鏡は面径15.8センチメートル前後に復元され、内区には「尚方作・・」で始まる銘文が残っています。内行花文鏡は面径11.5センチメートルほどに復元されますが、本来の形の1/3くらいしか残っていません。両後漢鏡とも1世紀頃の後漢で製作され、日本に舶載されたものとみられます。

ページの先頭へ戻る