現在地

  1. トップページ
  2. ギャラリー
  3. 奴国写真館
  4. 御陵遺跡の青銅器生産

御陵遺跡の青銅器生産

最終更新日 平成27年3月26日

御陵(ごりょう)遺跡は、須玖北8丁目から9丁目にかけて広がる遺跡です。今までに3回の調査を行い、弥生時代から古墳時代にかけての集落や墓地を確認しました。

遺跡からは、弥生時代の青銅器を作るための石製の鋳型(いがた)片が、8個出土しています。鋳型から、この遺跡では矛・剣・鏃(やじり)・小銅鐸(しょうどうたく)などを作っていたことが分かりました。

青銅器は大変貴重なもので、当時としては最先端の技術で作られていました。御陵遺跡では、青銅器の工房は未発見ですが、今後大発見があるかもしれません。

鋳型の破片
御陵遺跡から出土した鋳型の破片

破片から想像した全体図
破片から想像した全体図。左下の灰色の部分が鋳型の破片部

ページの先頭へ戻る