現在地

  1. トップページ
  2. ギャラリー
  3. 奴国写真館
  4. 福岡城の改修工事「筑前国福岡城石垣普請伺絵図」

福岡城の改修工事「筑前国福岡城石垣普請伺絵図」

最終更新日 平成27年3月26日

福岡藩初代藩主である黒田 長政(くろだ ながまさ)が築いた福岡城。城の石垣や堀を維持するためには、家と同じように修繕や改修が欠かせません。

各藩が城の修繕を勝手に行うことはできず、「修補願(しゅうほねがい)」と「城絵図(しろえず)」を幕府に提出し、必ず許可を得ることが必要でした。

そのため、城のどこが壊れ、何を修復するのかを詳しく描いた修補計画図が作られました。

福岡城石垣普請伺絵図
筑前国福岡城石垣普請伺絵図(ちくぜんこくふくおかじょういしがきふしんのうかがいえず)

ページの先頭へ戻る