現在地

  1. トップページ
  2. ギャラリー
  3. 奴国写真館
  4. 赤井手古墳

赤井手古墳

最終更新日 平成27年3月26日

赤井手(あかいで)古墳は、春日中学校東側の小高い丘の上にあり、西側の平野を見渡すことができる、見晴らしの良い所に造られています。

この古墳は直径30メートル、高さ3〜5メートルの円墳で、6世紀初め頃に造られたと考えられます。現在、市指定史跡として保存されています。1961(昭和54)年に発掘調査が行われ、石室内からは装飾付きの須恵器や鉄器が多数出土しています。

現在の赤井手古墳
現在の赤井手古墳

発掘調査時の石室
発掘調査時の石室

ページの先頭へ戻る