現在地

  1. トップページ
  2. イベント情報
  3. イベント
  4. 第8回弥生の里かすが 奴国の丘フェスタ

第8回弥生の里かすが 奴国の丘フェスタ

最終更新日 平成30年9月21日

平成30年9月22日(土曜日)の奴国の丘フェスタは、予定どおり開催します。

春日市は、金印「漢委奴国王」(かんのわのなのこくおう)で有名な「奴国(なこく)」の中心地です。

その中心地である国指定史跡「須玖岡本遺跡」を含む須玖遺跡群からは、今でも、重要な発見が相次いでいます。こうした春日市の貴重な文化財を広く知ってもらうため、「第8回 弥生の里かすが 奴国の丘フェスタ」を開催します。

奴国の丘を中心に、体験広場や奴国ラリー、資料館バックヤードツアーなど、文化財を知って、触れて、楽しめるイベントを行います。午後には、野外で風の丘コンサートを開催します。

家族や友達と一緒に、奴国の丘へ出かけませんか。

※ 少雨決行します。

※ 雨天時は、屋外で行う体験広場・奴国ラリーは中止し、風の丘コンサートは春日北小学校体育館で開催します。

[日時]

平成30年9月22日(土曜日) 午前9時30分~午後3時

[場所]

奴国の丘歴史公園・同歴史資料館(福岡県春日市岡本3-57)

[駐車場]

春日北小学校グラウンド(福岡県春日市岡本1-35)

[駐輪場]

岡本公園(福岡県春日市岡本2-96)

[主催]

弥生の里かすが奴国の丘フェスタ実行委員会

[共催]
  • 春日市
  • 春日市教育委員会
[後援]
  • 春日市自治会連合会
  • 春日市民祭り振興会
  • 春日市商工会
  • 春日市青少年育成市民会議
  • 春日市小中学校長会
  • 春日市小・中学校PTA連絡協議会
  • 福岡県教育委員会
[問い合わせ先]

春日市教育委員会 文化財課

〒816-0861 福岡県春日市岡本3-57 奴国の丘歴史資料館内

電話:092-501-1144

ファックス:092-573-1077

メールアドレス:nakoku@city.kasuga.fukuoka.jp

[ダウンロード]

弥生の里かすが 奴国の丘フェスタ2017チラシ
第8回弥生の里かすが奴国の丘フェスタチラシ(PDF 2.37メガバイト)PDFファイルをダウンロードします

体験広場

奴国の丘で、楽しく古代の技術や知恵を体験してみませんか。

※ 材料費が有料のものはチケットを購入してください。

※ チケットは、午前9時30分から、総合案内(受付)で販売します。

※ 鋳物作りとガラス玉作りは、小学3年生以下は参加できません。

体験広場
内容 時間 所要時間 定員 材料費 場所 備考
鋳物作り 午前10時~10時45分、11時~11時45分、午後0時30分~1時15分、1時30分~2時15分 40分 各回30人 銅鐸600円、草葉文鏡600円、銅鏡300円 奴国の丘歴史資料館内 対象:小学4年生以上
土笛・土鈴作り 午前11時~午後0時、午後1時~2時 40分 各回40人 100円 奴国の丘歴史公園 -
勾玉(まがたま)作り 午前10時~11時30分、午後0時30分~2時 30分 先着500人 50円 奴国の丘歴史公園 -
ガラス玉作り 午前10時~11時30分、午後0時30分~2時 30分 各回40人 100円 奴国の丘歴史資料館内 対象:小学4年生以上
火起こし 午前10時~11時30分、午後0時30分~2時 - - 無料 奴国の丘歴史公園 -
版築体験 午前10時~11時30分、午後0時30分~2時 - - 無料 奴国の丘歴史公園 -

資料館バックヤードツアー

普段は入れない資料館2階の復元作業室や職員が作業している様子などを見学・体験するツアーです。

[時間]

午前10時~、11時~、正午~(約30分)

[定員]

各回20人

[参加費]

無料

[集合場所]

奴国の丘歴史資料館ロビー

奴国ラリー

資料館の周りには、奴国の中心地「須玖岡本遺跡」が広がっています。「奴国王墓」や「ドーム」などを巡りながら、クイズに答えてみましょう。

ゴールした先着300人には、プレゼントがあります。

[時間]

午前10時~午後2時

[参加費]

無料

[シート配布場所]

総合案内(受付)

こども古文書ワークショップ「古文書にふれてみらん?」

江戸時代の子どもの教科書や百科事典などを、見たり、触ったり、読んだりできます。

[時間]

午前10時~午後1時

[参加費]

無料

[場所]

奴国の丘歴史資料館 研修室前

風の丘コンサート

[時間]

午後1時〜3時

[参加費]

無料

[場所]

奴国の丘歴史公園

第1部:和田 名保子(わだ なおこ・オカリナ奏者)

奴国の丘フェスタのテーマ曲「風紋」の作曲者。さまざまなオリジナル曲の演奏で、皆さんを2000年前の世界にいざないます。

和田 名保子さんの顔写真
和田 名保子(わだ なおこ)さん

第2部:唄人羽(うたいびと はね・フォークデュオ)

1998年『小さな星の小さな旅人』にてデビュー。

2016年、通算10枚目となるフルアルバム「響き愛」をリリース。俳優、塚本 高史(つかもと たかし)への楽曲提供、福岡県糸島市のイメージソング、新人のプロデュースやアレンジなど活動の幅は多岐にわたる。現在九州を拠点とし、全国でライブを中心とした独自の活動を行っている。

弥生の里かすが 奴国の丘フェスタ2017チラシ
写真左:安岡 信一(やすおか しんいち)、右:本多 哲郎(ほんだ てつろう)

ステージ司会:どんぴしゃ

福岡のローカルテレビ番組などで活躍中のお笑いコンビ。当日は、春日市や奴国に関する○×クイズを行います。

食のバザー

焼きそばやたこ焼き、カレー、ポップコーン、パン・クッキー、うどん、綿菓子、かき氷など、食のバザーを開催します。

[時間]

午前10時~

[場所]

奴国の丘歴史資料館駐車場、奴国の丘歴史園

大木町 野菜販売

三潴郡大木町は、春日市との交流を深めようと、春日まちづくり支援センター・ぶどうの庭で、昨年の8月から、毎月第3土曜日に「おおきマルシェ」を開催し、大木町の新鮮な野菜などを販売しています。

奴国の丘フェスタの食のバザー会場でも、午前10時から新鮮野菜の販売を行います。野菜がなくなり次第終了しますので、お買い求めはお早めに。

赤米入り「米すくい大会」

弥生時代に育てられていたと言われる赤米を混ぜたお米の「米すくい大会」を行います。

参加は1回100円で、なくなり次第、終了します。

ページの先頭へ戻る