現在位置

  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. 税金/市たばこ税


市たばこ税

最終更新日 平成30年7月23日

市たばこ税は、国産たばこの製造業者、特定販売業者(輸入業者)および卸売販売業者が、市内の小売販売業者に売り渡したたばこに対してかかる税です。

  • 国産たばこの製造業者
  • 特定販売業者(輸入業者)
  • 卸売販売業者

※ たばこの小売価格には、すでに市たばこ税が含まれています。実際に税金を負担するのは消費者自身です。

国産たばこの製造業者などが市内の小売販売業者に売り渡した製造たばこの本数×税率(1円未満は切り捨て)

1 旧3級品を除くたばこ・輸入たばこ

現行:1,000本につき5,262円

※ 平成30年10月1日から旧3級品を除くたばこ・輸入たばこの税率が引き上げられることとなりましたが、激変緩和の観点から経過措置が講じられ、段階的に税率が上がります。これに伴い平成30年、平成32年および平成33年の10月1日の午前0時現在において、たばこの販売業者が店舗などで20,000本以上のたばこを販売目的で所有している場合には、これについて税率の引き上げ分に相当するたばこ税が課税されます。なお、今後のたばこの税率は次のようになります。

  • 平成30年10月1日から:1,000本につき5,692円
  • 平成32年10月1日から:1,000本につき6,122円
  • 平成33年10月1日から:1,000本につき6,552円

2 旧3級品の紙巻たばこ(エコー、わかば、しんせい、ゴールデンバット(ボックスを除く)、バイオレット、ウルマ)

現行:1,000本につき4,000円

※ 旧3級品紙巻たばこに係るたばこ税などの特例措置が廃止されたことにより、旧3級品紙巻たばこの税率が引き上げられていますが、激変緩和の観点から経過措置が講じられており、段階的に税率が上がります。これに伴い税率が引き上げられる平成31年10月1日の午前0時現在において、たばこの販売業者が店舗などで5,000本以上の旧3級品紙巻たばこを販売目的で所有している場合には、これについて税率の引き上げ分に相当するたばこ税が課税されます。なお、今後の旧3級品紙巻たばこの税率は次のようになります。

  • 平成31年10月1日から:1,000本につき5,692円

※ これ以後の税率は「旧3級品を除くたばこ・輸入たばこ」と同様となります。

3 加熱式たばこ

たばこ税では、喫煙用の製造たばこの区分として、新たに「加熱式たばこ」の区分が創設されます。また、紙巻たばこの本数への換算方法は、「重量」と「価格」を紙巻たばこの本数に換算する方式とされています。

詳細は、Chapter4 消費課税---平成30年度税制改正 : 財務省(https://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei2018/04.htm)《外部サイト》新しいウインドウが開きますで確認してください。

国産たばこの製造業者などが、毎月1日から末日までの間に売り渡したたばこに対して算出された税額を、翌月末日までに申告し、納める。

このページについての問い合わせ先

春日市役所 税務課 市民税担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所1階
電話:092-707-1195
ファックス:092-584-1141
メールアドレス:zeimu@city.kasuga.fukuoka.jp