現在位置

  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. 税金/固定資産税
  4. 固定資産税を納める人(納税義務者)


固定資産税を納める人(納税義務者)

最終更新日 平成29年3月21日

固定資産税は、固定資産(土地、家屋、償却資産)の価格をもとに課税します。納める人(納税義務者)は、1月1日に固定資産を所有していた人で、固定資産のある市町村に納めます。

納税義務者

  • 土地:登記簿または土地(補充)課税台帳に所有者として1月1日に登記・登録されている人
  • 家屋:登記簿または家屋(補充)課税台帳に所有者として1月1日に登記・登録されている人
  • 償却資産:償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

    ※ 「償却資産」とは、会社や個人で工場や商店、アパートなどを経営している人が、その事業のために用いることができる土地・家屋以外の資産で、その減価減却額または減価償却額が、法人税法または所得税法の規定による所得の計算上損金または必要な経費に算入されるものをいいます。

所有権が移転した場合の納税義務者(平成27年から平成29年の例)

平成27年10月1日にAさんからBさんが土地を購入しました。平成28年4月1日にこの土地を、BさんからCさんが購入しました。さらに同年9月1日にこの土地は、CさんからDさんに相続され、現在もDさんが所有しています。

1月1日現在の所有者がその年度の納税義務者になるので、平成28年度の納税義務者は「Bさん」で、平成29年度の納税義務者は「Dさん」です。

このように、年度途中で所有者が変わっても、納税義務者は変わりません。Cさんのように1月1日に所有していないため、納税義務を負わない場合もあります。


このような時は連絡してください

  • 市外に住んでいる人で住所などを変更したとき(住所変更の登記をした場合を除く)。
  • 納税義務者が死亡したとき(相続登記をした場合を除く)。
  • 建物を全部または一部取り壊したとき(登記建物で滅失の登記をした場合を除く)。
  • 土地の利用状況に変更があったとき(自家用駐車場を貸駐車場に変更した場合など)。
  • 建物の用途を変更したとき(住宅を事務所や店舗などで使用する場合など)。
  • 増築または物置、車庫などを新築したとき。

このページについての問い合わせ先

春日市役所 税務課 資産税担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所1階
電話:092-584-1123
ファックス:092-584-1141
メールアドレス:sisanzei@city.kasuga.fukuoka.jp