現在位置

  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. 保険・年金/国民健康保険
  4. 療養の給付


療養の給付

最終更新日 平成29年9月22日

医療機関に保険証を提示し受診する場合の給付割合は、次のとおりです。

療養の給付割合
年齢 割合
義務教育就学前 8割
義務教育就学後~69歳 7割
70歳~74歳 次表(70歳~74歳の人の給付割合)のとおり
70歳~74歳の人の給付割合
所得区分(世帯) 給付割合
一定以上所得世帯 7割(注1)
上記以外 8割 誕生日が昭和19年4月2日以降の人(注2)
9割(8割+公費1割) 誕生日が昭和19年4月1日以前の人(注3)
  • (注1)同一世帯に一定の所得(市民税課税所得が145万円)以上の70歳から74歳の国保被保険者がいる世帯。ただし、下記に該当する場合は除きます。
    • 70歳から74歳の国保被保険者の年収合計が、対象者が1人の場合は383万円未満、2人以上の場合は520万円未満である旨の申請があった場合(旧国保被保険者を含めて年収合計が520万円未満である旨の申請があった場合も同様)。

      ※ 旧国保被保険者:国民健康保険から後期高齢者医療に移行した人で、同一の世帯主と同じ国保世帯に継続して属する人

    • 平成27年1月以降、新たに70歳となる人がいる世帯で、70歳から74歳の国保加入者全員の基礎控除後の総所得金額等の合計が210万円以下である場合。
  • (注2)70歳の誕生日の翌月(各月1日が誕生日の人はその月)の診療から、医療費の給付割合が8割になります。ただし、一定以上所得世帯に該当する人を除きます。
  • (注3)特例措置により割合は9割となります。ただし、一定以上所得世帯に該当する人を除きます。

高齢受給者証の交付

70歳から74歳の被保険者には、窓口で支払う一部負担金の割合が記載されている「高齢受給者証」を交付していますので、受診の際には、保険証と一緒に医療機関の窓口に提示してください。なお、70歳の誕生日を迎えた人には、誕生日の翌月(1日が誕生日の人はその月)から有効の高齢受給者証を送付します。

このページについての問い合わせ先

春日市役所 国保医療課 国保担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所1階
電話:092-584-1111(代表)
ファックス:092-584-1141
メールアドレス:kokuho@city.kasuga.fukuoka.jp