現在位置

  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. 保険・年金/医療費の一部助成
  4. ひとり親家庭等医療


ひとり親家庭等医療

最終更新日 平成28年4月1日

[対象者]
  • 配偶者と死別または離婚し、18歳の年度末までの児童を扶養している父や母(配偶者に一定の障がいのある人および父母ともに障がいのある人も含む)とその児童
  • 父母のいない児童
[一部自己負担金]
  • 通院:月額800円(上限)
  • 入院(一般):日額500円(月7日限度)
[所得制限]

あり(児童扶養手当法準拠)

[所得限度額]
所得制限限度額表
扶養親族等の数 0人 1人 2人 3人 4人 5人
本人 192万円 230万円 268万円 306万円 344万円 382万円
養育者、配偶者、扶養義務者 236万円 274万円 312万円 350万円 388万円 426万円

※ 本人の所得制限額について、老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき10万円加算、特定扶養親族1人につき15万円加算されます。

※ 養育者、配偶者、扶養義務者の所得制限額について、扶養親族が2人以上で、うち老人扶養親族がある場合、老人扶養親族1人につき(扶養親族が老人扶養親族のみの場合は1人を除いた1人につき)6万円加算されます。

[所得額の計算方法]

所得制限限度額と比べる所得額の計算方法は以下の通りです。

(A)合計所得金額-(B)基礎的控除-(C)実額控除-(D)定額控除-(E)免除所得 ≦ 所得制限限度額

(A)合計所得金額
  • 総所得金額
  • 退職所得金額
  • 山林所得金額
  • 土地などに係る事業所得などの金額
  • 長期譲渡所得金額
  • 短期譲渡所得金額
  • 先物取引に係る雑所得などの金額
  • 条約適用利子などの額
  • 条約適用配当などの額
  • 養育費の8割の額(受給資格者が父または母の場合)

※ 株式譲渡上場および同繰越損失は除く

(B)基礎的控除
  • 社会保険料相当額控除(80,000円)

※ 配偶者、扶養義務者のみ。障害者本人は実額控除に含まれます。

(C)実額控除
  • 雑損控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 医療費控除(控除額=実額)
  • 配偶者特別控除

※ 社会保険料相当額控除(障害者本人のみ)

(D)定額控除
  • 障害者控除(270,000円)
  • 特別障害者控除(400,000円)
  • 勤労学生控除(270,000円)
  • 寡婦(寡夫)控除(270,000円)
  • 特別寡婦控除(350,000円)

※ 寡婦(寡夫)控除、特別寡婦控除については受給資格者が父または母の場合は控除しない。

(E)免除所得
  • 肉用牛の売却による事業所得
[他の医療制度との関係]
  • 小学校就学前の人は、こども医療が優先です。
  • 「重度障害者医療証」と「ひとり親家庭等医療証」は重複して持つことができます。
[持ってくるもの]

申請者によって必要書類が異なってきますので、必ず窓口で相談してください。

  • 戸籍謄本(本籍地が春日市でない人)
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 所得証明書(転入者のみ、本人・養育者・扶養義務者分。)
[申請書]

ひとり親家庭等医療費受給資格申請書(PDF 137キロバイト)PDFファイルをダウンロードします

※ 所得証明書について、申請する年の1月2日以降に春日市に転入した人の場合、前住所地から、前年中の所得証明書(1月から9月までの間に転入した場合は、前々年中の所得証明書)を取得する必要があります。

※ 毎年更新手続きが必要です(通知を郵送します)。

このページについての問い合わせ先

春日市役所 国保医療課 医療担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所1階
電話:092-707-1178
ファックス:092-584-1141
メールアドレス:kokuho@city.kasuga.fukuoka.jp