現在位置

  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. 保険・年金/医療費の一部助成
  4. こども医療


こども医療

最終更新日 平成28年10月11日

[対象者]
  • 通院:小学校6年生まで
  • 入院:中学校3年生まで
[所得制限]
  • 3歳未満:なし
  • 3歳以上:あり 児童手当法準拠
[一部自己負担金]
  • 3歳未満:なし
  • 3歳以上の未就学児:通院 800円/月(上限)、入院 500円/日(月7日限度)
  • 小学生:通院 1,200円/月(上限)、入院 500円/日(月7日限度)
  • 中学生:入院 500円/日(月7日限度)

※ 同月内に同一医療機関で医科と歯科を受診された場合や、複数の診療科(旧総合病院での受診は除く)を受診された場合は、別々の取り扱いになります。

[主な支給開始日について]
  • 出生の場合の支給開始日
    • 出生から30日以内に申請したときは、出生日から。
    • 出生から30日を過ぎて申請したときは、申請月の初日から。
  • 転入の場合の支給開始日
    • 転入日と同月内に申請したときは、転入日から。
    • 転入日の翌月以降に申請したときは、申請月の初日から。
[ひとり親家庭等医療の要件にも該当する方]
  • 小学校就学前:こども医療が優先
  • 小学校就学後:ひとり親家庭等医療が優先

※ ひとり親家庭等医療を受給するには別途申請手続きが必要です。

[重度障害者医療の要件にも該当する方]
  • 3歳未満:こども医療が優先
  • 3歳以上から小学校6年生まで:重度障害者医療と、こども医療のどちらかを選択可(自己負担額は重度障害者医療が低い)
  • 中学生:重度障害者医療と、こども医療のどちらも受給可(ただし、医療証は重度障害者医療のものを交付、こども医療は入院時の差額給付を受けるための認定)

※ 重度障害者医療を受給するには別途申請手続きが必要です。

[持ってくるもの]
  • 子どもの健康保険証または保険資格取得証明書
  • 印鑑
  • 所得証明書(3歳以上から。転入者および市民税・県民税が春日市から課税されてない人)

※ 所得証明書について、申請する年の1月2日以降に春日市に転入した人の場合、前住所地から、前年中の所得証明書(1月から9月までの間に転入した場合は、前々年中の所得証明書)を取得する必要があります。

[申請書]

こども医療費受給資格申請書(PDF 15キロバイト)PDFファイルをダウンロードします

[所得制限限度額]

所得制限の対象となる年は、更新日(毎年10月1日)で変わります。所得が高いという理由で助成対象外だった人でも、所得額が低くなったり、扶養人数の変化で10月1日以降の助成対象になる場合がありますので、詳しくは、問い合わせてください。

こども医療費支給制度 所得制限限度額表
扶養親族等の数 0人 1人 2人 3人 4人
所得額 622.0万円 660.0万円 698.0万円 736.0万円 774.0万円
収入額の目安 833.3万円 875.6万円 917.8万円 960.0万円 1002.1万円

※ 扶養親族等の数が2人以上の場合の限度額は、1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額になります。

※ 収入額は、所得額に対してのおおよその目安であり、実際に適用されるのは「所得額」です。

※ 所得審査時の控除額計算において、婚姻歴のないひとり親世帯を対象に寡婦(夫)控除のみなし適用を行っています。該当する方は申請時に申し出てください。

[所得額の計算方法]

所得制限限度額と比べる所得額の計算方法は以下の通りです(3歳以上の乳幼児のみ、乳幼児の生計を維持するもの)

(A)合計所得金額-(B)基礎的控除-(C)実額控除-(D)定額控除 ≦ 所得制限限度額

(A)合計所得金額
  • 総所得金額
  • 退職所得金額
  • 山林所得金額
  • 土地等に係る事業所得等の金額
  • 長期譲渡所得金額
  • 短期譲渡所得金額
  • 先物取引に係る雑所得等の金額
  • 条約適用利子等の額
  • 条約適用配当等の額

※ 株式譲渡上場および同繰越損失は除く

(B)基礎的控除
  • 社会保険料相当額控除(80,000円)
(C)実額控除
  • 雑損控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 医療費控除(控除額=実額)
(D)定額控除
  • 障害者控除(270,000円)
  • 特別障害者控除(400,000円)
  • 勤労学生控除(270,000円)
  • 寡婦(寡夫)控除(270,000円)
  • 特別寡婦控除(350,000円)
[こども医療の認定を受けた方へ]

医療証には有効期間があり、有効期間満了後は医療証の使用はできません。

医療証に記載の有効期間が満了する前に、生計維持者の所得額の確認など、春日市が受給資格の審査を行います。引き続き受給資格がある方には医療証を、所得制限などで受給資格がない方にはその旨の通知を、有効期間満了前までにお送りします。

※ 受給資格の審査に所得証明書などの書類が必要な方は、事前に連絡します。

  • 3歳未満の方の更新時期:3歳の誕生月(1日生まれのこどもは誕生月の前月)
  • 3歳以上の方の更新時期:毎年10月1日

※ 医療証の使い方などについては、春日市ウェブサイト | 医療費の一部助成制度を見てください。

このページについての問い合わせ先

春日市役所 国保医療課 医療担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所1階
電話:092-707-1178
ファックス:092-584-1141
メールアドレス:kokuho@city.kasuga.fukuoka.jp