現在位置

  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. 燃えるごみの共同処理(福岡都市圏南部工場)
  4. (仮称)新南部工場基本計画と事業運営方法を決定


(仮称)新南部工場基本計画と事業運営方法を決定

最終更新日 平成28年4月1日

福岡都市圏南部環境事業組合(福岡市・春日市・大野城市・太宰府市・那珂川町で構成)が計画する新南部工場の仕様の基礎となる基本計画と、この施設を建設・運営する事業方式について、平成21年12月28日に基本的方式を決定しました。

基本計画概要

[建設予定地]

福岡県春日市大字下白水104-5

[施設規模]

510トン/日

[基数構成]

170トン/24時間×3基

[処理方式]

ストーカ式焼却炉

※ ストーカ式とは、ごみをストーカ(火格子)の上で移動させて処理する方式で、同規模の施設では国内で一番実績が多く、現南部工場と同方式です。

[建設計画]

建物の安全性を確保するとともに、外壁や屋根のデザインに配慮し、周辺景観と調和した地域に親しまれる施設とする。

また、この施設は、次の点を留意して建設・運営します。

  • 環境保全(大気、水質汚濁物質、悪臭など)については、法令規則を遵守し、さらに低減に努める。
  • 安全対策などについては、耐震構造などに十分配慮する。
  • 持続可能な社会形成へ貢献するため、高効率発電などの導入に努め、環境教育および環境情報発信についても十分配慮する。

建設予定地(白線内が事業実施区域)
建設予定地の航空写真

事業運営方法

同組合が計画する新南部工場の事業方式は、組合が施設を建設し、維持・管理・運営を長期の契約で民間に委託する「公設民営方式」とし、今後詳細な検討を行っていくことを決定しました。

詳しくは、次のリンク先を見てください。

[リンク]

福岡都市圏南部環境事業組合ホームページ(http://www.f-nanbukankyo.jp)《外部サイト》新しいウインドウが開きます

このページについての問い合わせ先

春日市役所 環境課 環境保全担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所3階
電話:092-584-1150
ファックス:092-584-1147
メールアドレス:kankyo@city.kasuga.fukuoka.jp