現在位置

  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. ごみ・環境/環境保全・エコロジー
  4. できることから始める省エネライフ


できることから始める省エネライフ

最終更新日 平成27年1月5日

省エネ豆知識編

地球温暖化の原因「二酸化炭素(CO2)」は、私たちの日常生活の中で欠かせない電気やガス、水道、自動車を使用したり、ごみを焼却処理することによって、大量に排出されています。

私たちの暮らしと密接に関係している地球温暖化。地球にも財布にもやさしい省エネライフを、あなたも始めてみませんか。

[具体的な取り組みと効果]
  • 人のいない部屋の照明は、こまめに消す。

    →年間CO2排出量 約7キログラムの減(年間約400円の節約)

  • 1日1時間、テレビの利用を減らす(つけっぱなしにしない)。

    →年間CO2排出量 約13キログラムの減(年間約750円の節約)

  • 炊飯ジャーの保温をやめる。

    →年間CO2排出量 約31キログラムの減(年間約1,770円の節約)

  • シャワーの時間を1日1分減らす。

    →年間CO2排出量 約65キログラムの減(年間約7,000円の節約)


夏の省エネ編

暑い夏。ついつい電気を使い過ぎていませんか。電気の使い過ぎは、電気代がかさむだけでなく、地球温暖化の原因にもなります。

[具体的な取り組みと効果]
  • 冷房は28度を目安に温度設定。

    →年間CO2排出量 約31キログラムの減(年間約1,770円の節約)

  • 電子ポットは、長時間使わないときはプラグを抜き、使うときに再沸騰。

    →年間CO2排出量 約39キログラムの減(年間約2,230円の節約)

  • 冷蔵庫は、壁から適度に離して設置。

    →年間CO2排出量 約16キログラムの減(年間約910円の節約)

  • 冷蔵庫の開閉回数と時間に注意する。

    →年間CO2排出量 約6キログラムの減(年間約340円の節約)

  • 冷蔵庫に物を詰めすぎない。

    →年間CO2排出量 約27キログラムの減(年間約1,570円の節約)


節水編

暑い夏。水をうっかり使い過ぎていませんか。水の供給にも、たくさんの電気を使っています。節水することで、省エネにもつながるのです。水も大切な資源の1つです。積極的に節水に取り組みましょう。

[具体的な取り組みと効果]
  • 水を流す時間を1分短くする。

    →1回約12リットルの節水

  • 風呂の残り湯の半分を、洗濯などに使う。

    →1回約90リットルの節水

  • 洗濯するときは、まとめて洗うようにする。

    →1回約42リットルの節水

  • 洗車する際に流しっぱなしにしない(20分間)。

    →1回約240リットルの節水


買い物編

ちょっとした意識を持って買い物をして、あなたもエコライフの達人になりませんか。

資源とお金を節約しましょう。

[具体的な取り組み]
  • いらないものは買わない。
  • 買い物にはマイバッグを持参。
  • 使わない割りばしや調味料などはもらわない。
  • 旬の野菜を選ぶ(ハウス栽培に比べて、生産にかかるエネルギー使用は約5分の1。味もよく、栄養価も高く、値段も安い)。
  • エコマークやグリーンマークなど、省エネラベリングされた商品を選ぶ。

電気製品の買い替え編

電気製品を買い替える際、省エネについて考えていますか。省エネ効果が高いものを選ぶと、電気代もCO2も、今より減らすことができます。

[具体的な取り組みと効果]
  • ブラウン管テレビ(32ワイド・210ワット)を液晶テレビ(32Vワイド・150ワット)に替える。

    →1年間(1日5時間使用)で2,200円の節約

  • 省エネ基準達成率133パーセントのエアコン(冷房能力2.8キロワット)を選ぶ。

    →1年間で4,700円の節約

  • 白熱電球60形54ワット(寿命6,000時間)に替える。

    →1年間で4,700円の節約

  • 食器洗い乾燥機を使う。

    →お湯(40度、65リットル)で手洗いするよりも、1年間で8,960円の節約

※ 年間消費電力や家族の人数に合わせた大きさ・機能の冷蔵庫を選ぶことも、省エネにつながります。ただし、いずれの電化製品も、短い期間使用してすぐに買い替えるのは、エネルギーの無駄になる場合があります。

なお、省エネ効果は製品などによって差があります。購入の際に確認してください。


冬の省エネ編

暖房は大きなエネルギーを消費します。暖房機器を上手に使って、省エネを心掛けましょう。

[具体的な取り組みと効果]
  • エアコンの設定を「21度」から「20度」に下げる(6畳用の場合)。

    →年間CO2排出量 約19キログラムの減(年間約1,200円の節約)

  • 電気カーペットの設定を「強」から「中」にかえる。

    →年間CO2排出量 約67キログラムの減(年間約4,100円の節約)

  • 風呂は追い炊きしなくていいよう、続けて入浴する。

    →年間CO2排出量 約80キログラムの減(年間約5,700円の節約)

  • 電気こたつは、掛け布団だけでなく敷布団と上掛け布団を併用する。

    →年間CO2排出量 約12キログラムの減(年間約700円の節約)

  • ファンヒーターの設定温度を「21度」から「20度」に下げる。

    →ガスの場合 年間CO2排出量 約18キログラムの減(年間約1,200円の節約)

    →灯油の場合 年間CO2排出量 約26キログラムの減(年間約500円の節約)

※ 暖かい服装をすることも省エネです。「カーディガンをはおる(+2.2度)」「ひざ掛けを掛ける(+2.5度)」「靴下をはく(+0.6度)」ことで体感温度が上がります。


エコクッキング編

買い物から料理、後片付けまでを効率よく考えながら行動してみませんか。例えば、冷蔵庫の中の食材をすべて使い切ってしまえば、次に何を買えばいいかわかりやすくなり、無駄な買い物をせずにすみます。

また、なるべく有機野菜や低・無農薬野菜を買って、皮ごと料理することで、ごみも減り、皮をむいた場合より栄養価も高くなります。

買い物に徒歩・自転車で行くことや、今まで捨てていた食材でもう一品作ることも、エコクッキングになります。

[具体的な取り組みと効果]
  • 煮物にする野菜は、火が通りやすいよう電子レンジを使う(根菜100グラム、1日1回)。

    →年間CO2排出量 約12キログラムの減(年間約900円の節約)

  • 炊飯ジャーの保温をやめる。

    →年間CO2排出量 約31キログラムの減(年間約1,770円の節約)

  • ガスコンロの炎は、やかんや鍋などそれぞれの底にあった大きさで使う(20度程度の水1リットルを沸騰させるとき、「強火」ではなく「中火」にする、1日3回)。

    →年間CO2排出量 約5キログラムの減(年間約380円の節約)


このページについての問い合わせ先

春日市役所 環境課 環境保全担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所3階
電話:092-584-1150
ファックス:092-584-1147
メールアドレス:kankyo@city.kasuga.fukuoka.jp