現在位置

  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. ごみ・環境/環境保全・エコロジー
  4. 緑のカーテンの取り組み


緑のカーテンの取り組み

最終更新日 平成30年9月3日

春日市では、省エネ・緑化推進のため、平成20年度から緑のカーテンを実施しています。

緑のカーテンとは

緑のカーテンとは、ゴーヤやアサガオといったツル性の植物を利用した自然のカーテンのことです。緑のカーテンを作ることにより建物に直接日光が当たることを防ぎ、室温の上昇を抑える効果があります。

春日市役所の緑のカーテン

春日市では前年度に採取した種から育てています。

梅雨が明けたら、朝夕2回の水遣りと摘心・追肥などを職員が交替で行っています。

ゴーヤの実がなったら、黄色くなるまで待って、中から赤いゼリーに覆われた種を取り出し次年度まで保管しておきます。

過去(平成24年度)の緑のカーテンの写真

市民のみなさんへゴーヤの種を配布

緑のカーテン事業をより推進するために、市民や事業者の方を対象に、前年度に採取したゴーヤの種を無料で配布しています(4月中旬)。皆さんも緑のカーテンに挑戦してみませんか。

※ 前年の育成状況により中止となる場合があります。

ゴーヤの種を配布している写真

関連情報

このページについての問い合わせ先

春日市役所 環境課 環境保全担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所3階
電話:092-584-1150
ファックス:092-584-1147
メールアドレス:kankyo@city.kasuga.fukuoka.jp