現在位置

  1. トップページ
  2. 暮らし
  3. ごみ・環境/環境保全・エコロジー
  4. こどもエコクラブ交流会開催報告


こどもエコクラブ交流会開催報告

最終更新日 平成27年1月5日

こどもエコクラブ交流会を開催しました。

うどん作りを通して地産地消、フードマイレージ、エコクッキングを考えようということで、交流会に6クラブ、27人が参加しました。

うどんを作る前に、46億年の地球の話をして「自分たちに何ができるのか」を考えてもらいました。

小麦粉と水と塩を混ぜて、1つにまとまったらビニール袋に入れて足踏み。音楽にあわせてリズミカルに生地を踏みました。

生地を1時間ほど寝かせる必要があるので、その間にエコチャレンジ(クイズ)とこどもエコクラブ交流会(クラブ紹介)をしました。

エコチャレンジでは、小さな子どもでもできるように○×(まるばつ)クイズ形式で「外出先で手を洗う時は、備え付けのペーパータオルで拭くか、持ってきたハンカチで拭くか」「着れなくなった洋服は資源回収に出すか、ゴミに出すか」など問いかけました。すると、子どもたちからは「着れない服はお譲りする!」「着れない服小さく切ってウエスにしてお皿を拭いてから洗う」などもっと良い意見を出してくれました。

クラブ紹介では、グループ名、名前、学年、クラブの活動内容、知りたいこと、うどんを作った感想などを発表してもらいました。

生地を1時間寝かせた後は、伸ばして切って、10分ほど湯がいて試食しました。

だしも自分たちで作って、だしに使ったかつおぶし、しいたけ、昆布を佃煮やふりかけにしたのも試食しました。

アンケートでは「みんなでつくると楽しかったし、おいしかった!」「初めて会った人と協力しながら作業できたのがよかった」「地球が生まれて46億年、人類が生まれてまだそんなにたっていないのに情けないと思った」「使わない電気を消すなどもっと環境にいいことをやっていきたい」「環境の活動をする地域の仲間を増やしたい」という感想が寄せられ、楽しく学べた交流会になりました。

こどもエコクラブ交流会の様子1

こどもエコクラブ交流会の様子2

こどもエコクラブ交流会の様子3

こどもエコクラブ交流会の様子4

関連情報

こどもエコクラブを作って活動しよう

このページについての問い合わせ先

春日市役所 環境課 環境保全担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所3階
電話:092-584-1150
ファックス:092-584-1147
メールアドレス:kankyo@city.kasuga.fukuoka.jp