現在位置

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 子育て/保育所(園)一覧
  4. 昇町保育所
  5. 昇町保育所自己評価


昇町保育所自己評価

最終更新日 平成29年5月2日

平成28年度 保育所の自己評価について

「保育所保育指針」において、保育の計画および評価に、保育士などおよび保育所の「自己評価」とその「公表」が努力義務として位置づけられました。

保育施設として、その運営や保育内容などについて保護者の皆さまや地域の皆さまに説明することは、保育所の重要な責務です。このことを踏まえ、公立保育所では、保育の質の向上を図るために利用者調査を実施し、また、保育所の自己評価を実施しました。その情報を公開します。

[方法]

平成28年4月~平成29年3月に、職員を6グループに分けて実施

[評価基準]
  • 「はい」…できている
  • 「いいえ」…できていない
[評価内容]

保育指針に基づく全124項目

[評価結果]

各章ごとに評価を行った結果を公表します。

評価結果
項目 「はい」の平均
第1章 総則 79.2パーセント
第2章 子どもの発達 85.9パーセント
第3章 保育の内容 75.8パーセント
第4章 保育の計画及び評価 79.9パーセント
第5章 健康及び安全 65.7パーセント
第6章 保護者に対する支援 83.8パーセント
第7章 職員の質の向上 81.0パーセント

保育所としての課題と提案

  • 全職員の共通理解・情報共有
    • 保護者からの子どもや家庭の情報などの伝達の仕方を工夫する
    • 全職員が話し合える機会を増やす
  • 表現活動の充実
    • 環境を整え、表現活動が充実する工夫をする
    • 保護者や地域の方を巻き込み、ゲストティーチャ―として子どもとの交流を企画する
  • 感染症などの病気に関する知識
    • 新年度、流行時期前の機会を捉え職員研修を行い知識や意識を高める
  • 危機管理意識の向上
    • 深刻事故における訓練を繰り返し行う
    • 保護者へ事故やけがに関する情報を伝え、家庭における事故防止を呼びかける
  • 子どもへの関わり
    • 職員同士で高め合っていける関係性を構築する
    • 保育理念に基づいた保育を全職員で学ぶ(座学・先進園への見学・ビデオによる振り返りなど)
  • 保育以外の仕事(事務)の対応
    • 事務仕事の見直し、効率化を図る
    • 事務環境を整える(時間の確保、パソコンの台数を増やすなど)

青カバ
昇町保育所キャラクター「あおかばくん」

このページについての問い合わせ先

春日市立昇町保育所
〒816-0851 福岡県春日市昇町3-159
電話:092-571-1915
ファックス:092-571-1935
メールアドレス:noborimati-h@city.kasuga.fukuoka.jp