現在位置

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 子育て/保育所(園)一覧
  4. 昇町保育所
  5. 昇町保育所自己評価


昇町保育所自己評価

最終更新日 平成30年4月9日

平成29年度 保育所の自己評価について

「保育所保育指針」において、保育の計画および評価に、保育士などおよび保育所の「自己評価」とその「公表」が努力義務として位置づけられました。

保育施設として、その運営や保育内容などについて保護者の皆さまや地域の皆さまに説明することは、保育所の重要な責務です。このことを踏まえ、公立保育所では、保育の質の向上を図るために利用者調査を実施し、また、保育所の自己評価を実施しました。その情報を公開します。

[方法]

平成29年4月~平成30年3月に、職員を6グループに分けて実施

[評価基準]
  • 「はい」…できている
  • 「いいえ」…できていない
[評価内容]

保育指針に基づく全124項目

[評価結果]

各章ごとに評価を行った結果を公表します。

評価結果
項目 「はい」の平均
第1章 総則 79.9パーセント
第2章 子どもの発達 77.1パーセント
第3章 保育の内容 74.2パーセント
第4章 保育の計画及び評価 84.5パーセント
第5章 健康及び安全 78.8パーセント
第6章 保護者に対する支援 84.2パーセント
第7章 職員の質の向上 77.2パーセント

保育所としての課題と提案

  • 新保育所保育指針の理解
    • 「発達過程」、「発達の連続性」の理解を深める
    • 非認知能力、社会常同スキルの伸ばし方
    • 幼児期の終わりまでに育ちが期待される10の姿
    • 環境を通じた教育・保育
    • 養護と教育の一体的展開
  • 特別支援保育の充実
    • 個別に配慮を必要とする子どもの理解と支援方法を全職員で共通理解する
    • 園内で実施しているSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)の充実と保護者支援力の向上
  • 保育内容「表現」「環境」の充実
    • 子どもたちが、主体的に遊び、楽しむための場所・時間・モノの確保(音楽、絵本、描画、制作活動など)
    • 戸外遊びの環境充実(未満児専用遊び場、季節を感じる草花、遊具の充実など)
  • 感染症などの病気に関する知識
    • 新年度、流行時期前の機会を捉え職員研修を行い知識や意識を高める
  • 危安全管理の徹底・保護者への啓発
    • 深刻事故における訓練を繰り返し行い、対応力を高める
    • 保護者へ事故やけがに関する情報を伝え、家庭における事故防止を呼びかける
  • 「保育の質の向上」のための園内研修の工夫
    • 遊びを中心とした「主体的・対話的で深い学び」の充実のため、公開保育、DVDを通して気づく機会を作る
    • 保育日誌、日々の記録、計画、省察が保育を深めることにつながっていることを認識する
  • 保育以外の仕事(事務)の見直し
    • 会議の見直し
    • 日誌や記録、保育計画作成など、行事などの準備ができる時間の確保、環境整備

青カバ
昇町保育所キャラクター「あおかばくん」

このページについての問い合わせ先

春日市立昇町保育所
〒816-0851 福岡県春日市昇町3-159
電話:092-571-1915
ファックス:092-571-1935
メールアドレス:noborimati-h@city.kasuga.fukuoka.jp