現在位置

  1. トップページ
  2. 入札・商工
  3. 商工支援/中小企業補助制度
  4. セーフティネット保証制度
  5. セーフティネット保証の認定(第5号認定)


セーフティネット保証の認定(第5号認定)

最終更新日 平成27年1月5日

第5号認定 不況業種関係

[対象者]

申請者が、中小企業信用保険法第2条第5項第5号の規定による経済産業大臣の指定を受けた業種(「指定業種」)に属する事業を主たる事業として行う中小企業者であること。

[指定業種リスト]

中小企業庁:セーフティネット保証(5号:業況の悪化している業種(全国的))(http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_5gou.htm)《外部サイト》新しいウインドウが開きます

[申請窓口]

下記の所在地を管轄する市町村が申請窓口です。

  • 法人

    法人の主たる事業所の所在地(登記の本店所在地)

  • 個人事業主

    中小企業者としての事業所活動の本拠地(主たる事業所の所在地)

[認定要件]

次のいずれかに該当すること。

  • (イ)売上高減少による認定

    最近3カ月間の売上高又は販売数量(建設業にあっては、完成工事高又は受注残高)が前年同期の売上高等と比較して5パーセント以上減少していること。

  • (ロ)原油価格上昇による認定
    1. 原油または石油製品(以下「原油等」という。)が、製品の製造、加工または役務の提供に係る売上原価(注)のうち20パーセント以上を占めること。
    2. 原油などの仕入価格の単価が20パーセント以上上昇していること。
    3. 最近3カ月間の売上高に占める原油などの仕入価格の割合が、前年同期の売上高に占める原油等の仕入価格の割合を上回っていること。

      ※ 石油製品とは、ガソリン、灯油、軽油その他の炭化水素油(重油)および石油ガス(液化したものを含む)を指す(「石油需要適正化法」第2条に基づく)

  • (ハ)円高による認定

    最近1カ月間の平均売上高または平均販売数量(建設業にあっては、完成工事高または受注残高)などが前年同月に比して10パーセント以上減少しており、かつ、その後2カ月間を含む3カ月間の売上高などが前年同期に比して10パーセント以上減少することが見込まれること。

[必要書類(共通)]
  1. 認定申請書(実印が押印されたもの)1部
  2. 業種を確認できるもの

    (例)許可などを要する業種の場合は許可証、商業登記簿謄本、確定申告書などの写し

  3. 認定要件が確認できる資料
    • (イ)売上高減少による認定
      • 最近3カ月および前年同期の売上高確認資料

        (例)月別試算表、月次推移表、売上台帳などの写し

    • (ロ)原油価格上昇による認定
      • 最近3カ月および前年同期における売上高および原油などの仕入れ価格の確認資料

        (例)月別試算表などの写し

      • 直近1カ月および前年同月における原油などの仕入単価が確認できる資料

        (例)領収書、仕入伝票、仕入帳などの写し

      • 最新の売上原価と原油などの仕入価格が確認できる資料
    • (ハ)円高の影響による認定
      • 最近1カ月の売上高確認資料

        (例)月別試算表、月次推移表、売上台帳などの写し

      • その後2カ月間の売上見込を説明する資料

        (例)受注残高表、売上予算表などの写し

      • 前年同期3カ月間の売上高確認資料

        (例)月別試算表、月次推移表、売上台帳などの写し

  4. その他
    • 中小企業者が複数の事業を兼業で行っている場合、主たる事業の売上高などと企業全体の売上高などの双方が確認できる資料を用意してください。

      なお、主たる事業の売上高などと企業全体の売上高などを分けることが困難な場合、市に問い合わせてください。

    • 要件(ハ)における「その後2カ月間の売上見込を説明する資料」の提出が困難な場合、市に問い合わせてください。
[申請様式]

1つの指定業種に属する事業のみを行っている、または兼業者であって、行っている事業がすべて指定業種に属する場合は、各認定の「申請書1」を使うこと。

兼業者であって、主たる事業が属する業種(主たる業種)が指定業種に該当する場合は、各認定の「申請書2」を使うこと。

兼業者であって、1以上の指定業種(主たる業種かどうかを問わない)に属する事業を行っている場合は、各認定の「申請書3」を使うこと。

※ 兼業者とは、2以上の指定業種に属する事業を行っている中小企業者をいう。

※ 主たる事業とは、最近1年間の売上高などが最も大きい事業をいう。

このページについての問い合わせ先

春日市役所 地域づくり課 商工農政担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所4階
電話:092-584-1111(代表)
ファックス:092-584-1153
メールアドレス:tiiki@city.kasuga.fukuoka.jp