インデックス

現在位置

制度の手続き

請願・陳情とは?

市政に関して要望があるときは、どなたでも市議会に請願・陳情をすることができます。

請願・陳情は各委員会で審査・論議され、本会議で採択されると、市長に文書を送付・関係機関に意見書を提出するなど、その実現に向けて働きかけます。

受付は随時行っておりますが、受付後の審査の流れに違いがあります。

請願は、定例会中の本会議3日目(一般質問の1日目)までに事務局に提出すれば、定例会本会議最終日に審査結果報告・採決が行われます。それ以降の提出になると、継続審査もしくは次の定例会で審査されます。

陳情は、定例会中の本会議2日目(質疑・委員会付託)前日までに事務局に提出すれば、定例会中に所管委員会に送付・論議されます。それ以降の提出になると、閉会後の所管委員会での論議もしくは次の定例会で論議されます。

定例会は原則として3、6、9、12月に開かれますが、具体的な日程は会期日程をご確認いただくか、事務局までお問い合わせください。

請願をするには議員の紹介が必要(議長、所管委員会の委員長は除く)ですが、陳情には必要ありません。なお、紹介議員のない要望なども陳情と同じ取扱いになります。

会期日程

請願・陳情の流れ

請願・陳情の流れ

請願・陳情の手続きについて

  • (1)下記の様式例(A4縦の用紙に横書)を参考にして、作成してください。
  • (2)請願の場合は、必ず1人以上の紹介議員が必要です。紹介議員の署名、または記名押印を受けてください。議長及び所管委員会の委員長は紹介議員にはなれません。
  • (3)請願書・陳情書はできるだけ事務局へご持参ください。
  • (4)議長名が記載されていないものは受付できません。

様式例

(表紙)

表紙の様式例

(内容)

内容の様式例