インデックス

現在位置

令和元年第1回(5月)臨時会 委員長報告

委員長報告

※本会議で報告された内容を掲載しています。


総務文教委員会
委員長 髙橋 裕子

総務文教委員会委員長の髙橋裕子です。

本臨時会において付託を受けております議案2件について、審査結果の報告をいたします。

初めに、臨時会第1号議案「春日市教育委員会委員の任命について」であります。

本案は、春日市教育委員会委員 西村(にしむら)澄子(すみこ)氏が平成31年3月4日付けで辞職したことに伴い、その補欠の委員として谷(たに)康浩(やすひろ)氏を任命することについて、市議会の同意が求められたものであります。

審査の過程で、委員から、今回は保護者枠ということだが、多数いる現役のPTA役員の中で谷氏を選出した主な理由は、との質疑が出され、執行部から、PTA活動のうちおやじの会等の活動を通し、様々な分野で学校の活動に貢献していることや、消防団活動による地域貢献、また市 空家等対策協議会委員として行政施策の推進への尽力等の実績である、との回答を得ております。

採決の結果、全員が原案に同意することに賛成いたしております。

次に、臨時会第3号議案「財産の取得について」であります。

本案は、パーソナルコンピュータを取得するに当たり、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により市議会の議決が求められたものであります。

審査の過程で、委員から、今回購入するパソコンの詳細についての質疑が出され、執行部から、インターネットに接続するパソコンで、ウィルスの進入を防ぐセキュリティの確保が必要なものである。また5年間の保守が必要と見込まれる市民図書館と学校の図書室のパソコンについては、すぐ対応できる環境を整えるもの、との回答を得ております。

採決の結果、全員が原案に同意することに賛成いたしております。

以上で、総務文教委員会の審査結果の報告を終わります。


市民厚生委員会
委員長 内野 明浩

市民厚生委員会委員長の内野明浩です。

今期臨時会において付託を受けました議案1件及び報告案件4件について、市民厚生委員会の審査結果の報告をいたします。

初めに、第2号議案「春日市税条例の一部を改正する条例の制定について」であります。

改正の内容は、地方税法の一部改正に伴い、個人市民税の寄附金税額控除について、ふるさと納税(特例控除)の対象となる寄附金を総務大臣が指定する市町村等に対する寄附金とする措置を講ずるもの及びその他所要の規定の整備を図るものです。

審査の過程において、委員から、今回の改正内容について、市民への周知はどのようにするのか、との質疑が出され、執行部から、市のウェブサイトでの周知を予定している、との説明がなされました。

また、委員から、ふるさと納税の制度は現行のまま存続するのか、今回の改正はふるさと納税(特例控除)の対象を明確にするためのものなのか、との質疑が出され、執行部から、制度は現行のままで、寄附額に対する返礼品の割合が3割を超える事例が、横行したことを理由に対象を限定したもの、との説明がなされました。

採決の結果、全員賛成により、原案を可決することにいたしております。

次に、臨時会報告第1号「専決処分について(春日市税条例等の一部を改正する条例の制定について)」であります。

改正の内容は、地方税法等の一部改正に伴い、個人市民税の住宅借入金等特別税額控除適用期限の延長及び住宅ローン控除適用要件の緩和並びに固定資産税の特例措置の追加を行うものです。

審査の過程において、委員から、高規格堤防の整備に伴う建替家屋に係る税額の減額措置及び熊本地震による被災住宅地等に係る課税標準の特例措置について市民への影響はあるのか、との質疑が出され、執行部から、市民への影響はない、との説明がなされました。

採決の結果、全員賛成により、承認することにいたしております。

次に、臨時会報告第2号「専決処分について(春日市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について)」であります。

改正の内容は、地方税法の一部改正に伴い、特例措置の追加を行うものです。

審査の過程において、委員から、今回の改正に伴って追加される特例措置は何か、との質疑が出され、執行部から、所有者不明土地を使用する地域福利増進事業により整備した施設についての特例などの3つである、との説明がなされました。

採決の結果、全員賛成により、承認することにいたしております。

次に、臨時会報告第3号「専決処分について(春日市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について)」であります。

改正の内容は、地方税法施行令の一部改正に伴い、国民健康保険税の基礎課税額に係る課税限度額の改定、軽減の拡充を行うものです。

採決の結果、全員賛成により、承認することにいたしております。

次に、臨時会報告第4号「専決処分について(春日市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について)」であります。

改正の内容は、介護保険法施行令の一部改正に伴い、公費による介護保険料の軽減の強化を図るものです。

審査の過程において、委員から、春日市高齢者福祉計画2018・第7期介護保険事業計画に及ぼす影響はあるのか、との質疑が出され、執行部から、当該事業計画には影響はない、との説明がなされました。

採決の結果、全員賛成により、承認することにいたしております。

以上で、市民厚生委員会の審査結果の報告を終わります。よろしくお願いいたします。